キプールの記憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キプールの記憶
כיפור / Kippur
監督 アモス・ギタイ
脚本 アモス・ギタイ
マリー=ジョゼ・サンセルム
製作 シュキ・フリードマン
ローラン・トルショ
製作総指揮 ミシェル・プロペル
アモス・ギタイ
出演者 リオン・レヴォ
トメル・ルソ
ウリ・ラン・クラズネル
ヨラム・ハタブ
音楽 ヤン・ガルバレク
撮影 レナート・ベルタ
編集 モニカ・コルマン
コビ・ネタヌエル
配給 アルシネテラン
公開 イスラエルの旗 2000年10月5日
日本の旗 2001年12月22日
上映時間 118分
製作国 イスラエルの旗 イスラエル
フランスの旗 フランス
言語 ヘブライ語
テンプレートを表示

キプールの記憶』 (キプールのきおく、כיפור / Kippur) は、2000年イスラエル映画第四次中東戦争(ヨム・キプール戦争)で負傷兵救護の任務に就いた兵士たちを描いた戦争映画

概要[編集]

キプールとは、ユダヤ教祭日であるヨム・キプール贖罪日)のことである。この映画で描かれる第四次中東戦争は、1973年のこの日に始まったため、ヨム・キプール戦争とも呼ばれている。

この映画は、アモス・ギタイ監督の実体験に基づいている。アモス・ギタイは第四次中東戦争の従軍中にも8ミリを回しており、20年近く経ったのち関係者へのインタビューなどもおこなって、これらの映像から1994年にドキュメンタリー映画『戦争の記憶』 Kippur: War Memories を制作した。本作はこれを発展させたフィクション作品である。

2000年5月の第53回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選出され、フランソワ・シャレ賞を受賞した。

イスラエルでは2000年10月5日に公開された。日本では、同年12月の第1回東京フィルメックスのクロージング作品として特別招待された。その後、2001年12月22日にシャンテ・シネで公開された。なお、DVDでの邦題は『キプール 勝者なき戦場』。

ストーリー[編集]

1973年10月6日、ワインローブ(リオン・レヴォ)は、友人ルソ(トメル・ルソ)とゴラン高原を車で走っていると、エジプトシリアの連合軍がイスラエルへの攻撃を開始したため非常事態が宣言されたことを知る。二人はダマスカスへ進軍する部隊に出逢ったのち、ラマト・ダヴィドの航空基地に向かうクロイツナー空軍医(ウリ・ラン・クロイツナー)と出会う。そして、二人は軍医とともに、ヘリコプターで戦場にむかい、負傷兵を病院へ後送する任務に就くのだが……

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  • とちぎあきら、藤原敏史 編 『アモス・ギタイ : イスラエル/映像/ディアスポラ』 フィルムアート社、2003年5月、ISBN 978-4-8459-0347-4
    本作品の創作ノートが書かれている

外部リンク[編集]