キバシリ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キバシリ科
タンシキバシリ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
小目 : スズメ小目 Passerida
上科 : キバシリ上科 Certhioidea
: キバシリ科 Certhiidae
学名
Certhiidae Leach1820
和名
キバシリ(木走)
英名
Treecreeper

キバシリ科(キバシリか、学名 Certhiidae)は、鳥類スズメ目キバシリ上科の1科である。キバシリ(木走)と総称されるが、キバシリは日本産種 Certhia familiaris の和名でもある。

特徴[編集]

世界中に分布する。

長く曲がった爪を持ち、それを木の幹や岸壁に引掛け駆け上るため、キバシリと呼ばれる。

細くやや下に曲がった(くちばし)を持ち、幹の割れ目などの虫をついばむ。

系統と分類[編集]

位置づけ[編集]

Sibley分類では、スズメ小目の3上科の1つウグイス上科に分類されていた。しかし新たな系統解析によりヒタキ上科に移され、さらに Johansson 2008[1]により3上科による分類が否定され、新しいキバシリ上科に分類された。

Sibley分類では、このグループは亜科に階級付けられ、キバシリ科キバシリ亜科 Certhiinae とされていた。Sibleyのキバシリ科には、キバシリ亜科(現在の分類でのキバシリ科)、ミソサザイ亜科(ほぼミソサザイ科、ただしミズベマネシツグミを含む)、ブユムシクイ亜科(ほぼブユムシクイ科、ただしアメリカツリスガラを含む)が含まれていた。ミソサザイ科とブユムシクイ科は現在のキバシリ上科に含まれる。

属と種[編集]

2属10種が属する[2]。日本にはキバシリ属キバシリのみが生息する。

出典[編集]