キバシガラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キバシガラス
キバシガラス
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: カラス科 Corvidae
: ベニハシガラス属
Pyrrhocorax
: キバシガラス P. graculus
学名
Pyrrhocorax graculus
(Linnaeus, 1766)
和名
キバシガラス
英名
Yellow-billed Chough / Alpine Chough

キバシガラス (黄嘴烏、Pyrrhocorax graculus)は、スズメ目カラス科の鳥類。

分布[編集]

旧北区

形態[編集]

全長37-39cm、翼開長75-85cm、翼長25-27.4cm、尾長15-16.7cm、嘴峰長3.1-3.7cm、跗蹠長4.1-4.8cm、体重191-244g。

全身の羽毛が光沢のある黒色で、嘴は黄色く足は橙色。

生態[編集]

高山にすみ、冬は低地にも降りてくる。エベレストでは標高8200mで観察例がある。

昆虫や果実などを食べる雑食性で、残飯を漁ることもある。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
カラス上科 Corvoidea
カラス科 Corvidae

画像[編集]

上がキバシガラス、下はベニハシガラス
執筆の途中です この項目「キバシガラス」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類