キトゥン・ナティビダッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キトゥン・ナティビダッド(2007年)

キトゥン・ナティビダッド(Kitten Natividad 1948年2月13日-)はメキシコシウダー・フアレス出身の元ポルノ女優である。本名フランセスカ・イサベル・ナティヴィダッド(Francesca Isabel Natividad)。

バスト44インチの巨乳女優であり、ラス・メイヤーの後期の常連であり伴侶で知られる。結婚はしなかったものの、一番うまくいったのが彼女だと言われている。

シウダー・フアレスで9人兄弟の最年長として産まれる。10歳の時に母がアメリカ合衆国市民と結婚してテキサス州エル・パソに移住。高校では成績優秀で、生徒会長を務めた。

高校卒業後にカリフォルニア州ロサンゼルスに移住し、メイドコックIBMキーパンチャーなどの職を点々とした後、1969年に生活のためにゴーゴーダンサーになり、同年トップレスダンサーになるためにバハ・カリフォルニア州ティフアナ豊胸手術を受けた。1970年代半ばに『スーパーヴィクセン』に出演した友人シェリ・ユーバンクの紹介でラス・メイヤーと出会った。芸名『キトゥン』(子猫)は、内気だったためにダンサー時代につけられたものである。

代表作(ラス・メイヤー)[編集]

  • Up!メガ・ヴィクセン Russ Meyer's Up!(1976)
  • ウルトラヴィクセン 大巨乳たち Beneath the Valley of the Ultra-Vixens(1979)

ラス・メイヤー以外[編集]

外部リンク[編集]