ガン条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガン条約の調印

ガン条約(ガンじょうやく、Treaty of Ghent)は、米英戦争の停戦条約で、1814年12月に南ネーデルラントベルギー)のヘント(ガン)で結ばれた。

この戦争でアメリカは常に劣勢であった。しかし幸いなことに、イギリスナポレオン戦争で軍事的、経済的に疲弊しきっており、ウィーン会議の下で、新秩序を早く確立したい意向もあって停戦を望んだ。

この条約で米英間の北東部国境が確定し、アメリカのカナダへの野心は潰えた。一方イギリスも得たものは特になく、両者痛みわけといえる。

しかしアメリカにとって、強国イギリスを二度も撃退できたことが大きな自信となったことは間違いなく、大国意識を芽生えさせるに十分であった。経済的にもイギリスへの依存を脱し、その後の対外膨張政策にも一定の弾みがついたものと思われる。

関連項目[編集]