汎アメリカ主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

汎アメリカ主義(はんアメリカしゅぎ)とは「アメリカ合衆国が主導して新大陸の秩序を構築すべきである」というアメリカ合衆国の国是である。

概要[編集]

1776年7月4日アメリカ独立宣言発表以来、アメリカ合衆国はピルグリム・ファーザーズ以来のピューリタニズムも掲げ、新大陸「神の国」の建設を標榜してきた。そして、それこそが「マニフェスト・デスティニー(明白なる運命・使命)」であると信じるようになった。

19世紀初頭にヨーロッパでナポレオン戦争が起こり、ラテンアメリカの植民地が次々と独立すると、アメリカ大統領ジェームズ・モンローは「モンロー主義」を掲げ、西半球へのヨーロッパ諸国の干渉を牽制をした。 その後「インディアン移住法」を定めるなど国家としてアメリカ先住民掃討に力を注ぐことになる。

その一方でアメリカ合衆国は新たな独立国を「後進国」と見なし、アメリカ合衆国によって文明化されるべき対象と見なすようになった。中南米諸国に幾度も軍隊を送り、その結果、米墨戦争パナマ独立戦争、米西戦争などを引き起こした。

また、第二次世界大戦後、米州機構が設立されたが、これは「アメリカ合衆国主導の新大陸での秩序構築」が目的であった。そのため革命社会主義化し、ソ連に接近したキューバに対しては経済制裁を加えている。また、冷戦期には、反米政権が誕生した中南米の国家に対しては、武力侵攻と親米ゲリラ支援を行った。

汎アメリカ主義の現在[編集]

21世紀に入り情報革命が進むと、ラテンアメリカ諸国でのインターネットなどによる交流が活発となり、3億人と言われるスペイン語圏の統合が進みつつある。現在の親米国はコロンビアのみ。 21世紀においても、アメリカ合衆国は「ベネズエラチャベス政権反対派によるクーデター(結果は失敗)」「コロンビアの民兵の武装蜂起によるベネズエラのチャベツ政権転覆未遂」などの秘密工作により反米政権の転覆を狙っている。

関連項目[編集]