ガラード (宝石商)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガラードGarrard & Co. )はイギリスの古い宝飾品会社である。

歴史[編集]

  • 1722年 - 創業者のジョージ・ウィックス(George Wickes 、1698-1761年)がイギリスの金細工商同業組合に加盟。
  • 1735年 - ジョージ・ウィックスが独立して成功を収め、まもなく英国皇太子の金細工職人として任命された。
  • 1802年 - ロバート・ガラード・シニア(Robert Garrard Sr. )が社長となった。
  • 1818年 - ロバート・ガラード・シニアが死去し、息子のロバート・ガラード2世(Robert Garrard II )とジェームズ・ガラード(James Garrard )、セバスチャン・ガラード(Sebastian Garrard )が後を継いだ。
  • 1843年 - ヴィクトリア女王によりクラウン・ジュエラー(Crown Jeweller )に指定され、以後エドワード7世ジョージ5世エドワード8世ジョージ6世エリザベス2世まで連続して務めた。
  • 1870年 - ヴィクトリア女王に小さいダイヤモンドクラウンを製作し、これを着用した姿がヴィクトリア女王の代表的イメージの一つとなっている。
  • 1915年 - ロンドン郊外に土地を貸与されて機械製造を始めた。この部門は後にガラード (オーディオメーカー)として独立した。
  • 1990年 - アスプレイを合併しアスプレイ&ガラード(Asprey & Garrard )となった。
  • 2002年 - アスプレイ&ガラードから分社化されガラード(Garrard & Co )となった。

関連サイト[編集]