ガムラ・ウッレヴィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガムラ・ウッレヴィ
Gamla Ullevi
ガムラ・ウッレヴィ
施設情報
所在地 ヨーテボリ, スウェーデン
位置 座標: 北緯57度42分22.44秒 東経11度58分50.58秒 / 北緯57.7062333度 東経11.9807167度 / 57.7062333; 11.9807167
起工 2007年
開場 2009年
所有者 Higab
グラウンド
ピッチサイズ 105 x 68 m
建設費 350,000,000 SEK
設計者 ラーシュ・イヴダール
(Lars Iwdal, Arkitektbyrån AB)
使用チーム、大会
GAIS
IFKイェーテボリ
エルグリーテIS
UEFA U-21欧州選手権2009
収容能力
19,000 (座席数 15,000, 立見 4,000)

ガムラ・ウッレヴィ(Gamla Ullevi)は2009年4月5日に建設された、スウェーデンヨーテボリにあるサッカースタジアムである。

施設の概要[編集]

イェーテボリ・アライアンスのクラブである、IFKイェーテボリGAISエルグリーテISと、サッカースウェーデン女子代表がホームスタジアムとして使用する。収容人数は19,000人で、うち座席数は15,000席である。また、2,500平方メートルの商業スペースと27のボックスシートを備えている。ピッチは105×68メートルで、天然芝を使用している。元来、ガムラ・ウッレヴィは1916年に建設されたが、2007年から2009年にかけて改築され、現在の形[1]になっている。また、隣接して、ニーア・ウッレヴィ(Nya Ullevi, または単にウッレヴィ, Ullevi)がある。

主な大会・イベント[編集]

使用するクラブ[編集]

アライアンス[編集]

イェーテボリをホームタウンとする3クラブ、IFKイェーテボリGAISエルグリーテISは、1919年からイェーテボリ・アライアンス(Göteborgs Alliansen)を結んでおり、様々な活動を共に行っている。特に国際マッチは数多く企画しており、アーセナルACミランディナモ・モスクワマンチェスター・ユナイテッドなどのビッグクラブを共同で招待し、ガムラ・ウッレヴィで試合を行っている。

ニーア・ウッレヴィが完成した際にアライアンスは移転し、以降33年間ホームスタジアムをそこにおいていたが、1992年にガムラ・ウッレヴィに戻り、2006年から2009年の再建の時期を除き、現在も3クラブはガムラ・ウッレヴィをホームスタジアムとしている。[2]

所在地・アクセス[編集]

  • 鉄道 - イェーテボリ中央駅(Göteborg C)から徒歩5分。
  • トラム - ドロットニング・トリエット(Drottningtorget)、ウッレヴィ・セードラ(Ullevi södra)、ウッレヴィ・ノッラ(Ullevi norra)から至近

脚注[編集]

  1. ^ 改築後のガムラ・ウッレヴィは2007年以前のガムラ・ウッレヴィと区別するため、ニーア・ガムラ・ウッレヴィ(Nya Gamla Ullevi, 新ガムラ・ウッレヴィ)と呼ばれることがある。また、名称に含まれる「ガムラ(Gamla)」とはスウェーデン語で古い、旧などを意味する。
  2. ^ http://www.gamlaullevi.se/alliansen/ Alliansen, Gamla Ullevi, accessed December 25 2009

関連項目[編集]

外部リンク[編集]