ガド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガドは、ヤコブの第7子で、レアの女奴隷ジルパが産んだ最初の子供で、ガド族の開祖である。エジプトに下るときに7人の子供がいた。[1]

ガド族[編集]

人口調査の時に、20歳以上の男子の数は45650人であった。[2]しかし、二度目の人口調査の際には40500人であった。[3]

出エジプトの際には、ルベン族の隣、幕屋の南側に宿営した。

パレスチナへ移住する際には、カド族はルベン族、マナセ族の半部族と共に、羊飼いとしてヨルダン川の反対側に残留した。それは、牧畜に適したヨルダン川の東側を求めたためであった。[4]

しかし、定住後は、カナン人と戦う責任を負わされて、先頭に立って戦い、ヨシュアから祝福を受けていた。[5]

脚注[編集]

  1. ^ 創世記30章11節
  2. ^ 民数記1章24節
  3. ^ 民数記26章18節
  4. ^ 民数記32章
  5. ^ ヨシュア22章1節-9節

参考文献[編集]

  • 「新聖書辞典」いのちのことば社、1985年