ゼブルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゼブルン(Zebulun)は、旧約聖書に登場するヤコブの第10子で、レアの第6番目の子供である。ゼブルン族の祖になった。名前はイズベレーニー(私を尊ぶだろう)とゼーベドゥ(賜物)の2つのヘブライ語に関係がある。

エジプトの宰相になっていたヨセフの下へ、エジプトへ移住する歳には、セレデエロンヤフレエルという3人の子供がいた。[1]この3人の子供もゼブルン族の氏族の開祖になった。

ゼブルン族[編集]

出エジプトのカナン定住の際には、ガリラヤ地方の南部に相続地を割り当てられたが、割り当てられた相続地のほとんどが、未開墾地で大きな町はなかった。また、キテロンナハラルカナン人を追い払うことができなかった。

脚注[編集]

  1. ^ 創世記46章14節

参考文献[編集]

  • 「新聖書辞典」いのちのことば社、1985年