カンペステロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カンペステロール
識別情報
CAS登録番号 474-62-4 チェック
PubChem 173183
ChemSpider 151215 チェック
UNII 5L5O665639 チェック
日化辞番号 J5.962E
特性
化学式 C28H48O
モル質量 400.68 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

カンペステロール(Campesterol)は植物ステロール(フィトステロール)の一種であり、コレステロールと類似した化学構造を持つ。多くの野菜果物種実類(ナッツ)[1]種子が低濃度であるがカンペステロールを含んでいる。バナナザクロコショウコーヒーグレープフルーツキュウリタマネギエンバクジャガイモレモングラスなどが可食部100 mg当たり 〜1-7 mgのカンペステロールを含む食物である。一方、キャノーラトウモロコシは50-200 mg程度と比較的多量のカンペステロールを含んでいる。

化合物名は、1941年にアブラナ科ブラッシカ・カンペストリス (Brassica campestris、現在はB. rapaシノニム) から単離されたため、その学名から命名された[2]。カンペステロールはコレステロール低下作用[3]や抗炎症作用を示すことが知られている。また、カンペステロールは、変形性膝関節症による軟骨の分解に関わる、いくつかの炎症誘導因子やマトリックス分解因子を阻害することが明らかにされている[4]

脚注[編集]

  1. ^ Ramon Seguraa, Casimiro Javierrea, M Antonia Lizarragaa and Emilio Rosa (2006). “Other relevant components of nuts: phytosterols, folate and minerals”. Br. J. Nutr. 96: S36–S44. doi:10.1017/BJN20061862. PMID 17125532. 
  2. ^ Fernholz E, MacPhillamy HB. (1941). “Isolation of a new phytosterol: campesterol”. J. Am. Chem. Soc. 63 (1): 1155–1156. doi:10.1021/ja01849a079. 
  3. ^ Ostlund, R. E.; Racette, S. B.; Stenson, W. F. (2003). “Inhibition of cholesterol absorption by phytosterol-replete wheat germ compared with phytosterol-depleted wheat germ”. Am. J. Clin. Nutr. 77 (6): 1385–1589. PMID 12791614. http://www.ajcn.org/content/77/6/1385.long. 
  4. ^ Gabay O, Sanchez C, Salvat C, Chevy F, Breton M, Nourissat G, Wolf C, Jacques C, Berenbaum F. (2010). “Stigmasterol: a phytosterol with potential anti-osteoarthritic properties”. Am. J. Clin. Nutr. 18 (1): 106–116. doi:10.1016/j.joca.2009.08.019. PMID 19786147. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]