ブラシノリド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラシノリド
識別情報
CAS登録番号 72962-43-7
PubChem 5458706
日化辞番号 J11.958J
特性
化学式 C28H48O6
モル質量 480.68 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ブラシノリド: brassinolideブラシノライド、ブラッシノリド)は植物ホルモンの一種。最初に単離されたブラシノステロイドであり、1970年に茎の伸長や細胞分裂の促進活性を有するセイヨウアブラナ (Brassica napus) の花粉から発見され[1]、1979年に単離された[2]

化合物名は、セイヨウアブラナの学名に由来する。

脚注[編集]

  1. ^ Mitchell, J. W.; Mandava, N.; Worley, J. F.; Plimmer, J. R.; Smith, M. V. (1970). "Brassins—a new family of plant hormones from rape pollen". Nature 225 (5237): 1065–1066. doi:10.1038/2251065a0. PMID 16056912. 
  2. ^ Grove, M. D.; Spencer, G. F.; Rohwedder, W. K.; Mandava, N.; Worley, J. F.; Warthen, J. D.; Steffens, G. L.; Flippen-Anderson, J. L.; Cook, J. C. (1979). "Brassinolide, a plant growth-promoting steroid isolated from Brassica napus pollen". Nature 281 (5237): 216–217. doi:10.1038/281216a0.