カロリーネ=マティルデ (デンマーク王女)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カロリーネ=マティルデ・ア・ダンマークCaroline-Mathilde af Danmark, 1912年4月27日 イェーガースボー城 - 1995年12月12日 ソーゲンフリ宮殿、コンゲンス・リングビ)は、デンマークの王族、デンマーク王女(Prinsesse af Danmark)。デンマーク王位継承者とされた従兄のクヌーズ王子と結婚し、世継ぎ王子の妃(Arveprinsesse)の称号で呼ばれた。全名はカロリーネ=マティルデ・ルイーセ・ダウマー・クリスティアーネ・モート・アウグスタ・インゲボー・テューラ・エーゼルハイト(Caroline-Mathilde Louise Dagmar Christiane Maud Augusta Ingeborg Thyra Adelheid)。

デンマーク王フレゼリク8世の三男ハーラル王子と、その妻でシュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク公フリードリヒ・フェルディナントの娘であるヘレーネ・アーデルハイトの間の次女として生まれた。家族からはカルマCalma)の愛称で呼ばれた。1933年9月8日シェラン島フレデンスボー宮殿において、従兄のクヌーズ王子と結婚した。

当時のデンマークの王位継承法は男子継承を定めていたため、1947年にクヌーズの兄で男子の無いフレゼリク9世が王位に就くと、弟クヌーズとカロリーネ=マティルデが次期王位継承者夫妻となった。しかし1953年にデンマーク議会は王位継承法を改定して女子継承を認め、王位継承者はクヌーズからフレゼリク9世の長女マルグレーテ(後のマルグレーテ2世)となり、カロリーネ=マティルデは王妃にはなれなかった。カロリーネ=マティルデは1995年、長く住居としていたコペンハーゲン郊外のソーゲンフリ宮殿で亡くなった。

子女[編集]