カヤンベ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カヤンベ山
カヤンベ山
カヤンベ山
標高 5,790[1] m
所在地 エクアドルの旗 エクアドル
ピチンチャ県
位置 北緯0度01分45秒
西経77度59分09秒
座標: 北緯0度01分45秒 西経77度59分09秒[1]
山系 アンデス山脈
種類 複合火山
最新噴火 1786年[1]
初登頂 1880年(エドワード・ウィンパー)
カヤンベ山の位置(エクアドル内)
カヤンベ山
カヤンベ山
カヤンベ山の位置(エクアドル
カヤンベ山の位置(南アメリカ内)
カヤンベ山
カヤンベ山
カヤンベ山の位置(南アメリカ
テンプレートを表示

カヤンベ山(カヤンベさん、スペイン語: Volcán Cayambe)は、アンデス山脈の支脈コルディジェラ・オリエンタル山脈にあるエクアドルの山である。キトの北東およそ70kmに位置し、ピチンチャ県に属する。エクアドルで三番目に高い山である。

完新世の複合火山で、万年雪をかぶっている。有史以降、噴火活動は記録されていない。南斜面の標高4,690mは赤道が通る世界一高い地点で、ここも雪におおわれている。カヤンベ・コカ生態保護区の域内にある。

ふもとのカヤンベの町は、この山にちなみ命名された。

初登頂は1880年、イギリスの登山家エドワード・ウィンパーがイタリア人ガイド2名、連れのフアン・アントニオ、同じく連れのルイス・カレルと果たした。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]