カフラー王のピラミッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カフラー王のピラミッド
ギザの大スフィンクスとカフラー王のピラミッド

カフラー王のピラミッド(Khafre's Pyramid)とは、エジプトギーザにある古代エジプト古王国時代第4王朝ファラオカフラー王のピラミッドである。三大ピラミッドのうちクフ王のピラミッドに次ぎ2番目の大きさであるが、クフ王のピラミッドより高い台地に建てられているため、人の目には一番高く見える。

高さ143.87m(現在の高さ136m)、底辺:215.29m、勾配:53度10分。四角錐の頂上部分には石灰石の化粧石が残っている。参道の入り口には、スフィンクスがピラミッドを守護するように建っているが、スフィンクスの建てられた時代には諸説ある。

関連項目[編集]

座標: 北緯29度58分34秒 東経31度07分51秒 / 北緯29.97611度 東経31.13083度 / 29.97611; 31.13083