カナビキボク科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カナビキボク科
Opilia amentacea.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ビャクダン目 Santalales
: カナビキボク科 Opiliaceae
学名
Opiliaceae Valeton (1886)
タイプ属
Opilia Roxb.

本文参照

カナビキボク科 (Opiliaceae) は被子植物のひとつで、寄生性の高木あるいは低木、10-1280が含まれる。

形態・分布[編集]

中米南米マダガスカルインドからマレーシアニューギニア島オーストラリアに分布する。日本には自生種はない。

分類[編集]

APG植物分類体系クロンキスト体系新エングラー体系いずれもビャクダン目に所属させる。

APG体系ではビャクダン科姉妹群にあるとする。

[編集]

10属を認める場合の例を示す。

Agonandra, Cansjera, Champereia, Gjellerupia, Lepionurus, Melientha, Opilia, Pentarhopalopilia, Rhopalopilia, Urobotrya

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1798 illustration by Joseph Banks (1743-1820) - Plants of the coast of Coromandel vol. 2 plate 158 (http://www.botanicus.org/page/687647)

外部リンク[編集]