カトリオナ・ルメイ・ドーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Catriona Le May Doan
カトリオナ・ルメイ・ドーン
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
誕生日 1970年12月23日(43歳)
出身地 カナダの旗サスカトゥーン
身長 170cm
体重 70kg
公式サイト Catriona Le May Doan, O.C.
 
獲得メダル
女子スピードスケート
オリンピック
1998 長野 500m
2002 ソルトレイクシティ 500m
1998 長野 1000m
世界距離別選手権
1998 カルガリー 500m
1999 ヘーレンフェーン 500m
2001 ソルトレイクシティ 500m
1998 カルガリー 1000m
1999 ヘーレンフェーン 1000m
2000 長野 500m
2001 ソルトレイクシティ 1000m
世界スプリント選手権
1998 ベルリン 総合
2002 ハーマル 総合
1999 カルガリー 総合
2001 インツェル 総合

カトリオナ・ルメイ・ドーン(Catriona Le May Doan、1970年12月23日 - )は、カナダスピードスケート選手。500mで37秒台を世界で初めて記録し、オリンピック連覇も果たした名選手である。

選手としての経歴[編集]

1995/96シーズンにワールドカップの500mで総合3位に入った。[1]翌シーズンは今一つの成績だったが、長野オリンピックのシーズンである1997/98シーズンに500m・1000mの2種目でワールドカップ総合優勝に輝き、[1]オリンピックではその2種目でメダルを獲得。以後トップレベルのスプリンターとして活躍した。

1997年11月には女子選手として初めて500mで37秒台を記録し、以後この種目の世界記録を5回連続で塗り替えた。[2]1000mやスプリント複合の世界記録も更新している。[3][4]

オリンピックには長野大会も含め四度出場。アルベールビルリレハンメル両大会合わせての最高成績は14位であった。開会式で旗手を務めたソルトレイクシティ大会では500mで2大会連続の優勝を果たし、オリンピックの個人種目で連覇を果たした初めてのカナダ人となった。[5]この年、カナダの年間最優秀スポーツ選手に与えられるルー・マーシュ賞を受賞。2003年に現役を退いた。ワールドカップでは通算34勝、総合優勝5回。[1]カナダスポーツ殿堂・カナダオリンピック委員会殿堂に殿堂入りしており、カナダ勲章(オフィサー)も与えられている。[5]

引退後[編集]

バンクーバーオリンピック開会式でのルメイ・ドーン

現在は夫と2人の子とともにカルガリーで暮らし、主にオリンピック開催時のキャスターとして活躍している。バンクーバーオリンピックロンドンオリンピックではCVTのキャスターを務めた。今後もCVTでの仕事を続けるつもりだという。バンクーバーオリンピックには組織委員会のメンバーとしても関わっている。[5]さらにこの大会では、開会式で聖火の点火者の一人としても登場した。聖火台のトラブルによって点火できなかったため、彼女はトーチを掲げてその場を凌ぎ、閉会式で改めて点火を行った。

また社会運動にも携わり、医療やスポーツに関係した複数の団体のスポークスマンである。[5]彼女の社会的な提言や活動は公式サイトでも見ることができる。[6]

自己記録[編集]

種目 記録 日時 場所
500m 37秒22 2001年12月9日 カナダの旗 カルガリー
1000m 1分14秒50 2001年3月10日 アメリカ合衆国の旗 ソルトレイクシティ
1500m 1分57秒50 2001年3月16日 カナダの旗 カルガリー
3000m 4分26秒98 2003年3月21日 カナダの旗 カルガリー
5000m 8分14秒52 1993年12月19日 カナダの旗 カルガリー
スプリント複合 150.085ポイント 2001年1月7日 カナダの旗 カルガリー

脚注[編集]

  1. ^ a b c Speed Skating - Biographies - Catriona Le May Doan-ISU
  2. ^ Speed Skating - Records - Historical World Record 500m - Ladies-ISU
  3. ^ Speed Skating - Records - Historical World Record 1000m - Ladies-ISU
  4. ^ Speed Skating - Records - Historical World Record Sprint Combination - Ladies-ISU
  5. ^ a b c d Bio-公式サイトのバイオグラフィ
  6. ^ Public Speaking公式サイト

外部リンク[編集]