カテコールジオキシゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カテコール-1,2-ジオキシゲナーゼ
識別子
EC番号 1.13.11.1
CAS登録番号 9027-16-1
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBj PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO
カテコール-2,3-ジオキシゲナーゼ
識別子
EC番号 1.13.11.2
CAS登録番号 9029-46-3
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBj PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

カテコールジオキシゲナーゼ(catechol dioxygenases)は、カテコール類を酸化的開裂させる金属タンパク質酵素群である。この酵素群は基質酸素分子(O2)を組み込む。カテコールジオキシゲナーゼは酸化還元酵素の一つで、カテコール-1,2-ジオキシゲナーゼカテコール-2,3-ジオキシゲナーゼプロトカテク酸-3,4-ジオキシゲナーゼの3種類がある。カテコールジオキシゲナーゼの活性部位はだいたいはを含む部分であるが、マンガンを含む型も知られている。

カテコール-2,3-ジオキシゲナーゼがコードされているPseudomonas putidaグラム陰性菌の一種)のxylE遺伝子は、遺伝子発現の量を計測するレポーターとして頻繁に用いられる。

酵素反応[編集]

カテコール-1,2-ジオキシゲナーゼの反応によりカテコールからcis,cis-ムコン酸が生成する例。

Catachol-dioxygenase-reaction.png

参考文献[編集]

関連項目[編集]