カケラ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カケラ
監督 安藤モモ子
脚本 安藤モモ子
原作 桜沢エリカ
製作 桃山さくら
渡邉啓子
出演者 満島ひかり
中村映里子
津川雅彦
かたせ梨乃
音楽 ジェームス・イハ
撮影 石井浩一
編集 増永純一
製作会社 ゼロ・ピクチュアズ
配給 ピクチャーズデプト
公開 日本の旗 2010年4月3日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

カケラ』(英題:A Piece of Our Life)は、2009年製作の日本映画。原作は、桜沢エリカの漫画『LOVE VIBES』。

奥田瑛二の長女、安藤モモ子の初監督作品。

ストーリー[編集]

恋人との関係に疑問を抱き始めた女子大生ハル(満島)はカフェでカプチーノを飲んでいると、リコというレスビアンのメディカル・アーティスト(中村)に声をかけられる。クリーニング屋を営むリコの家に行ったりしてる間に、二人の間には愛が芽生える。男との関係を清算できないハルを居酒屋で批判するリコ。二人はしばらく絶交状態に。その期間中に、リコはゲイバーで自分の顧客(かたせ)を発見する。リコと顧客はしばらく付き合うが、ハルからの電話があったので、リコとハルの中が復活する。しかし、世間体を気にせず愛情表現をするリコへの戸惑いを、ハルは隠せない。そして・・・。

キャスト[編集]

映画祭[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]