オービニー=シュル=ネール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Aubigny-sur-Nère
Blason Gabriel de la Vallée.svg
AUBIGNY-SUR-NÈRE - CHÂTEAU DES STUARTS - COUR.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) サントル地域圏Blason-fr-en-Region-Centre.svg
(département) シェール県Blason département fr Cher.svg
(arrondissement) ヴィエルゾン郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 18015
郵便番号 18700
市長任期 イヴ・フロミオン
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Sauldre et Sologne
人口動態
人口 5751人
2007年
人口密度 94人/km²
住民の呼称 Albiniens
地理
座標 北緯47度29分22秒 東経2度26分24秒 / 北緯47.4894444444度 東経2.44度 / 47.4894444444; 2.44座標: 北緯47度29分22秒 東経2度26分24秒 / 北緯47.4894444444度 東経2.44度 / 47.4894444444; 2.44
標高 平均:? m
最低:161 m
最高:233 m
面積 61.5km² (6 150ha)
Aubigny-sur-Nèreの位置(フランス内)
Aubigny-sur-Nère
Aubigny-sur-Nère
公式サイト aubigny.net
テンプレートを表示

オービニー=シュル=ネールAubigny-sur-Nère)は、フランスサントル地域圏シェール県コミューン。県北部にある主要なまちであり、かつてベリーに含まれた自然区分上の地方であるソローニュとペイ=フォールの境界にある。ネール川がコミューン内を横断する。

歴史[編集]

オービニー卿ロベール

6世紀に既にオービニーはあった。

1423年、シャルル7世はスコットランド貴族ジョン・ステュワート・オブ・ダーンリー(en)にオービニーを授けた。ジョン・ステュワート・オブ・ダーンリーは、百年戦争の間長期間の同盟関係を結んでいたスコットランド軍の最も位の高い指導者であった。

ジョンの孫ベローとロベールは、レオナルド・ダ・ヴィンチの同時代を生き、シュヴァリエ・バイヤール(fr)の友であった。彼らはオービニーとヴェルレリーの城を築いた。

1512年、ステュワート家のまちは大火にあった。継承者ロベールは、我々が今日目にしている美しい木組の住宅をつくる費用を出した。

ステュワート家に触発され、コルベールに規制された繊維産業と繊維貿易は、オービニーの評判を高めていた。

シェール県議であり国会議員であったジャック・フーシェは、ルイ16世の裁判において人々に死刑反対を訴えた。判決の日、彼は欠席した。

ブルトン人チャールズ2世の愛妾、ルイーズ・ケルアイユルイ14世によってオービニー領主の称号を得た。彼女はステュワート家の城を美化し、アンドレ・ル・ノートルに触発された美しい庭園を後世に残した。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
4569 5242 5468 5600 5803 5907 5775

参照元=[1] [2] [3]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]