オーステン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーステン短機関銃
Austen Mk1 9-mm submachine gun.jpg
オーステンMk.1
オーステン短機関銃
種類 短機関銃
製造国 オーストラリアの旗 オーストラリア
設計・製造 ダイカスター(Diecasters Ltd)
W・T・カーマイケル(W. T. Carmichael Ltd)
年代 第二次世界大戦
仕様
口径 9mm
銃身長 7.87インチ(198mm)
使用弾薬 9x19mmパラベラム弾
装弾数 28発(ステンガンの弾倉との互換性あり)
作動方式 シンプル・ブローバック方式
オープンボルト撃発
全長 銃床収納時:552mm
展開時:732mm
重量 3.98kg (銃のみ)
発射速度 500発/分
銃口初速 366m/s
歴史
設計年 1942年
製造期間 1942年~1944年
配備期間 1942年~1945年
配備先 オーストラリア国防軍
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
バリエーション MK.1、MK.2
製造数 19,914挺
テンプレートを表示

オーステン(Austen)は、9x19mmパラベラム弾を使用するオーストラリア製の短機関銃。英国製ステン短機関銃の派生型の一つであり、その名称は「オーストラリア(Australian)のステン(Sten)」を意味する。生産はメルボルンのダイカスター株式会社(Diecasters Ltd)とシドニーのW・T・カーマイケル株式会社(W. T. Carmichael Ltd)によって行われ、両者をあわせた最終的な生産数は19,914挺であった。

設計・開発[編集]

オーステンMk.1で武装する落下傘部隊員

ダンケルク撤退後、ヨーロッパにおける戦争が激化する中でイギリスは大量の軍需物資を必要とした。この為、軍需物資の多くをイギリスアメリカからの輸入に頼っていたオーストラリアはその供給が断たれ、短機関銃を含めた各種兵器の設計・製造を行う必要に駆られた。この際、参考にされたのがイギリス製短機関銃ステン短機関銃である[1]。銃身から機関部、トリガーグループなどはステンMk2からコピーされたが、折畳式銃床やリターンスプリングを介して独立した撃針と伸縮式覆いを備えたボルトなどはドイツ製短機関銃MP40からコピーされた[1]。折畳式銃床の内部にはドライバーやクリーニングロッドが収められていた。またオーステンの特徴は2つのピストルグリップを備えることで、これもまたMP40から発想を得たとされ、グリップの形状もMP40のそれと酷似している。オーステンはセレクティブファイア機構を備えており、セレクタは安全・セミ・フルの3段式であった。またフルオート射撃時には500発/分の射撃速度を発揮した[1]

オーステンの生産に関して興味深い点として、一部の部品がダイカストにより成型されていた点が挙げられる。弾倉や銃床の一部、マガジンハウジングなどがこれに当る。マガジンローダーもダイカスト成型である。オーステンの製造を行った2つの会社は、共にダイカストを業務上の専門としていたのである。

Z特殊部隊英語版向けに消音型も設計された。

結局、オーステンがオーウェン・マシンカービンほどの人気を得る事は無かった[1]。オーステンはステンを改良したものだったが、それでもオーウェン銃に勝るほどの信頼性を達成する事は無かったのである[1]

オーウェンが1960年代まで使用されたのとは対照的に、オーステンが1945年以降に他の紛争や戦争で使用されることは無かった[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e McNab 2001, p. 86.
  2. ^ McNab 2001, p. 87.

参考文献[編集]

  • Skennerton, Ian. (1994). Small Arms Identification: 9mm Austen MkI and 9mm Owen MkI Sub-Machine Guns - Parts Identification and Lists, S.M.G.Series Notes, Exploded Parts Drawings, Descriptions, Accessories and Fittings. Published by Ian D Skennerton. ISBN 0-949749-24-9 ISBN 978-0949749246
  • McNab, Chris. (2001). Twentieth-Century Small Arms. Grange Books. ISBN 1-84013-381-3.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]