オリンピックトライアスロン競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トライアスロン

トライアスロン競技は、夏季オリンピックの正式種目として、2000年シドニーオリンピックから男女とも実施された。

オリンピックでは、競技時間・コース設定などの運営上、ショート・ディスタンス(短距離)で行われる。スイム1.5km・バイク40km・ラン10km、合計51.5km。

シドニーオリンピック以降、このレース距離を、オリンピック・ディスタンスと呼ぶようになった。[1]

概要[編集]

トライアスロンは、水泳自転車ロードレース長距離走(スイム・バイク・ラン)の3種目を、この順番で連続して行う競技で、1974年9月25日アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴで、46人の選手が出場して初開催された比較的新しい競技である。[2]

2000年シドニーオリンピック以降、オリンピックトライアスロン競技で採用されているレース距離(スイム1.5km・バイク40km・ラン10km、合計51.5km)は、1982年に設定された国際基準である。それ以前のレース距離に対し、1/4以下という短距離(ショート・ディスタンス)となる。[3] [4]

現在では、競技時間やコース管理など運営面から、一般のトライアスロン大会でも、このレース距離が多くを占めている。

オリンピックでの参加枠は、国際トライアスロン連合が指定する競技会での成績に対し、選手の所属する国別にポイントを与え、ポイント上位国のから順に3枠、2枠、1枠と割り振られる。

メダル獲得数の国別一覧[編集]

国・地域
1 スイス スイス 2 0 2 4
2 オーストラリア オーストラリア 1 2 2 5
3 ニュージーランド ニュージーランド 1 1 1 3
4 カナダ カナダ 1 1 0 2
ドイツ ドイツ 1 1 0 2
6 イギリス イギリス 1 0 1 2
7 オーストリア オーストリア 1 0 0 1
8 ポルトガル ポルトガル 0 1 0 1
スペイン スペイン 0 1 0 1
スウェーデン スウェーデン 0 1 0 1
11 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 0 0 1 1
チェコ チェコ 0 0 1 1
8 8 8 24

※ロンドンオリンピック終了時

参加国[編集]

国・地域 / 年 00 04 参加回数
男子 女子 男子 女子
アルゼンチン アルゼンチン 2
オーストラリア オーストラリア 2
オーストリア オーストリア 2
ベルギー ベルギー 2
バミューダ バミューダ 1
ブラジル ブラジル 2
カナダ カナダ 2
チリ チリ 1
中国 中国 2
コロンビア コロンビア 2
コスタリカ コスタリカ 1
チェコ チェコ 2
デンマーク デンマーク 2
エストニア エストニア 1
フランス フランス 2
ドイツ ドイツ 2
イギリス イギリス 2
ギリシャ ギリシャ 2
香港 香港 1
ハンガリー ハンガリー 2
イタリア イタリア 2
ジャマイカ ジャマイカ 1
日本 日本 2
カザフスタン カザフスタン 2
ルクセンブルク ルクセンブルク 2
メキシコ メキシコ 1
オランダ オランダ 2
オランダ領アンティル オランダ領アンティル 1
ニュージーランド ニュージーランド 2
ポルトガル ポルトガル 1
ロシア ロシア 2
南アフリカ 南アフリカ 2
スペイン スペイン 2
スウェーデン スウェーデン 1
スイス スイス 2
ウクライナ ウクライナ 2
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 2
ベネズエラ ベネズエラ 2
ジンバブエ ジンバブエ 1

外部リンク[編集]