オマキザル科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オマキザル科[1]
Cebidae
Capuchin Costa Rica.jpg
ノドジロオマキザル Cebus capucinus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 霊長目(サル目) Primates
亜目 : 直鼻猿亜目 Haplorhini
下目 : 真猿下目 Simiiformes
小目 : 広鼻小目 Platyrrhini
: オマキザル科 Cebidae
学名
Cebidae
Bonaparte, 1831
亜科

オマキザル科 (Cebidae) は、霊長目サル目)のの1つ。キヌザル科と呼ばれることもある。中南米に棲息するサルのグループである広鼻猿類新世界ザル)を構成する4つの科の1つである。マーモセットキヌザル)、タマリンオマキザルリスザルの仲間からなる。南アメリカ中央アメリカ熱帯亜熱帯地域に広く分布する。

特徴[編集]

本科に属するサルは樹上性であり、地上に下りることはめったにない。一般的に小型のサルであり、頭胴長17-19cm・体重120-190gのピグミーマーモセットから、体長33-56cm・体重2.5-3.9kgのフサオマキザルまでを含む。形態も色彩もかなり多様であるが、いずれも新世界ザルに典型的な広く平らな鼻をもつ点では共通している。

雑食性であり、ほとんどは果実食および昆虫食だが、によって餌とするものの割合は大きく異なる。歯式は 2.1.3.2-3/2.1.3.2-3 。

メスは、種によって異なるが、130-170日の妊娠期を経て、1-2頭の子を生む。社会的な動物であり、5-40頭の成獣が群れを作るが、典型的には、小型の種の方がより大きな群れを作る。一般的には昼行性である[2]

分類[編集]

ワタボウシタマリン

かつて広鼻猿類(新世界ザル)は、 Callitrichidae (マーモセット科) と Cebidae (オマキザル科=本科)の2科に分けられていた。しかし、最近の分類では、かつて Callitrichidae に分類されたを、まとめてマーモセット亜科 Callitrichinae として Cebidae (オマキザル科)内に位置づけ、入れ違いに、かつては Cebidae に属していたクモザル・ホエザル等を独立させて、Alelidae (クモザル科)という新たな科を立てている。

今日最も広く認められている分類では、本科は3亜科6属からなる。ただし、ゲルディモンキー属は1種を含むのみであり、単に形式的な分類群に過ぎない[1]

絶滅した分類群[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Groves, Colin (16 November 2005). in Wilson, D. E., and Reeder, D. M. (eds): Mammal Species of the World, 3rd edition, Johns Hopkins University Press, 128-152. ISBN 0-801-88221-4.
  2. ^ Janson, C.H. & Rylands, A.B. (1984). Macdonald, D.. ed. The Encyclopedia of Mammals. New York: Facts on File. pp. 342-361. ISBN 0-87196-871-1.