エー・アンド・デイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社エー・アンド・デイ
A&D Company, Limited
開発・技術センター
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7745 2005年2月25日上場
略称 A&D
本社所在地 170-0013
東京都豊島区東池袋三丁目23番14号
設立 1977年昭和52年)5月6日
業種 精密機器
事業内容 計測・計量機器及び医療・健康機器の製造・販売
代表者 古川 陽(代表取締役執行役員社長
資本金 6,372百万円
(2011年3月31日現在)
発行済株式総数 22,331,500(株)
(2011年3月31日現在)
売上高 連結:30,669百万円
単独:22,124百万円
(2011年3月期)
営業利益 連結:554百万円
単独:248百万円
(2011年3月期)
純利益 連結:537百万円
単独:1,060百万円
(2011年3月期)
純資産 連結:12,248百万円
単独:13,769百万円
(2011年3月31日現在)
総資産 連結:37,460百万円
単独:32,361百万円
(2011年3月31日現在)
従業員数 連結:3,095人 単独:681人
(2011年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 (株)エー・アンド・デイ 9.91%
エー・アンド・デイ従業員持株会 7.78%
ビービーエイチ フォー フイデリテイー ロープライスストック フアンド(常任代理人 株式会社三菱東京UFJ銀行) 7.38%
(2011年3月31日現在)
主要子会社 研精工業(株) 100%
リトラ(株) 100%
(株)オリエンテック 100%
外部リンク http://www.aandd.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社エー・アンド・デイA&D Company, Limited )は、計量・計測機器、医療機器などを製造する日本の企業。本社は東京都豊島区

概要[編集]

事業展開の基盤は、重さや音といったアナログ量をデジタル数値に変換したり(A/D)、デジタル数値をアナログ量に変換する(D/A)技術で、社名もそこに由来している。

沿革[編集]

  • 1977年昭和52年)5月 - 東京都練馬区に設立。
  • 1979年(昭和54年)5月 - 本社を東京都渋谷区に移転。
  • 1989年平成元年)5月 - 株式会社タケダメディカルを合併
  • 1990年(平成2年)9月 - 本社を東京都豊島区に移転。
  • 1995年(平成7年)10月 - ISO 9001認証取得。
  • 2003年(平成15年)4月 - ジャスダックに上場。
  • 2005年(平成17年)2月 - 東京証券取引所第二部に上場。
  • 2006年(平成18年)3月 - 東証一部に指定。
  • 2007年(平成19年)10月 - 中国に愛安徳技研貿易(上海)有限公司(現・連結子会社)を設立。
  • 2008年(平成20年)10月 - (株)サム電子機械(現・連結子会社)を株式取得により完全子会社化。
  • 2009年(平成21年)1月 - (株)ベスト測器(現・連結子会社)を株式取得により完全子会社化。
  • 2011年(平成23年)3月 - マイクロ天びん(最小表示1μg)発売開始。

製品[編集]

  • 計量機器
    • 電子天秤:最小表示1μgの分析用から、大型、組み込み型、防水型など。
    • 台秤:防水、防塵、防爆といった厳しい環境に耐える産業用から家庭用のキッチンスケールまで。
    • ロードセル:デジタル型1μg表示組み込み用から3000トンまで幅広くカバーされ、国家標準機関の基準器を始め、小型のはかり、計量ライン、ホッパ・タンク、力測定、など様々に利用されている。
    • 計量用指示計:質量や力のセンサーから送られるデータを精確にはかり、様々な処理を加えて表示、出力する。高度なフィルタ搭載型、予測制御型、防爆・防水型、小型組み込み用、高速型など多数。
  • 医療・健康機器
    • 血圧計:病院施設用-血圧に加えECG、SpO2値なども計測するベッドサイドモニターや24時間の変動を測定・記録する携帯型、全自動型など。
    • 医療用計量器:ベッドスケール、ストレッチャー、バリアフリースケール、身長体重計。
    • その他の健康機器:超音波吸入器、体重計、体温計、歩数計など。
  • 試験・計測機器
    • 新しい素材の開発から、品質管理まで使用されている各種試験機 - 引張・圧縮試験機、粘弾性試験機、摩擦摩耗試験機、動的接触角測定装置、衝撃試験機など。
    • 非破壊検査器 - 超音波探傷器、超音波厚さ計など。
    • 汎用電子計測機器 - 温度計、湿度計、熱中症指数モニター、タイマ、オシロスコープ、マルチメーター、直流安定化電源、デジタル・ノギス他。
  • 計測・制御・シミュレーションシステム
    • 実車走行評価 - 車載統合計測システム、ホイール6分力センサ、ホイール姿勢センサ、その他各種センサ(プレート型、超小型路面埋め込み型、ワッシャー型等)。
    • 実車台上試験システム-リアルロードシミュレータ、ローラ付き分力計。
    • ベンチテスト - 環境・過渡・車両シミュレーション・適合ベンチ、仮想エンジンベンチ、モデルベース適合ベンチ、エンジン・車両HILS・RPT、HEVパワーモジュール試験システム、燃焼解析システム、軸トルク計、熱交換システム、油圧可変動バルブ、他。
    • ユニット・パーツ評価 - EV/HEVバッテリーHILS、モータシミュレータ/コントローラ、高性能疲労試験機
    • プラットフォームとその他の試験機 - 32CORE・64GBPSリアルタイムシミュレーション用プラットフォーム、車載・小規模RPT用プラットフォーム、フィールドバスI/O、組み込み用SBC、FFTアナライザ、回転変動計、ムービングベルト・タイヤ試験機、タイヤ転がり抵抗試験機、排気ガス分析計、他。
  • A/D-D/A変換
    • 電子銃における電子ビームの偏光制御を行うA/D・D/A変換器。

外部リンク[編集]