エンベッカ寺院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エンベッカ寺院(Embekke Temple)はスリランカ中部州キャンディ郊外に位置する寺院

キャンディ郊外にある古寺の一つで、ガンポラ朝時代の14世紀後半の王ビクラマバフ3世によって建てられた木造の寺院。建設当時は集会場として利用されており、現在はヒンドゥー教神のスカンダを祀っているが、仏像なども見られる[1]

出典[編集]

  1. ^ 地球の歩き方スリランカ 2005-2006年版』 ダイヤモンド社2005年