エルンスト・エピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルンスト・ユリウス・エピック(Ernst Julius Öpik, 1893年10月23日1985年9月10日)は、現在のエストニアの天文学者である。後半生は北アイルランドアーマー天文台で活動した。主に小惑星彗星流星などの小天体の分野などを研究した。姓は「オピック」とも表記する。

孫のレンビット・オピック自由民主党所属の国会議員となり、祖父の遺志を受け継いでイギリスのスペースガード推進に貢献した。

人物[編集]

エルンスト・エピック

レーネ=ヴィル県クンダ出身。タリンの高校を出た後、モスクワの大学で学んだ。1916年にタシュケントの天文学部の学部長になり、1921年から、(ハーバード大学天文台に滞在した1930年から1934年の間を除いて)タルトゥの天文台で研究した。エストニアがソビエトに占領されるとドイツのハンブルクに逃れ、その後、北アイルランドのアーマーに移り、アーマー天文台で働き、1950年から1981年まで天文台の所長を務めた。1956年からはメリーランド大学の客員教授も務めた。1985年に北アイルランドのバンゴールで死去。

主に小惑星彗星流星の分野、惑星大気などを研究した。主な業績としては1915年の白色矮星の密度の計算、1932年に彗星の成因の理論を発表し、彗星が冥王星軌道の外のオールトの雲に起源を求めたこと、ヤルコフスキー効果を再発見したこと、クレーターの数から地球への隕石衝突の割合を割り出したこと、火星のクレーターの正確な数を探査機が到達する以前に割り出したことなどがある。

受賞歴[編集]

命名

外部リンク[編集]