エリザヴェータ・ヤロスラヴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリザヴェータ・ヤロスラヴナウクライナ語: Єлисавета Ярославнаノルウェー語(ブークモール):Ellisiv、1025年? - ?)は、キエフ大公ヤロスラフ1世の次女(第4子、母はスウェーデン王女インゲゲルド(ru))である。ノルウェー王ハーラル3世(在位はおそらく1046年 - 1066年)と結婚し、ノルウェー女王となった。

生涯[編集]

エリザヴェータはキエフの宮廷で育ち、高度な教育を受けた。1043年から1044年にかけての冬にハーラルと結婚した。ハーラルはこの時キエフ大公国のヤロスラフ1世に仕えていた。エリザヴェータはハーラルとの間にマリヤ(en)とインゲゲルド(en)という2人の娘を産んだが、1048年には既に、夫のハーラルはノルウェーの豪族の娘を2人目の妻として迎え入れていた。この妻からは、後にノルウェー王となるマグヌス(ru)とオーラヴ(ru)(マグヌス2世とオーラヴ3世)が産まれている。 1066年9月25日、スタンフォード・ブリッジの戦いでハーラルは戦死した。エリザヴェータと娘たちもこの遠征に同行し、オークニー諸島にとどまっていた。とあるサガによれば、ハーラルが死亡した同日・同時刻に、エリザヴェータの娘のマリヤも死亡したという。エリザヴェータともう一人の娘のインゲゲルドはノルウェーに帰還した。一説によれば、後にエリザヴェータは再婚したというが、確かなことは知られていない。

娘のインゲゲルドはデンマーク王オーロフ1世(ru)と結婚し、デンマーク女王となった。

人物同定の根拠[編集]

14世紀直前までのルーシの史料には、「エリザヴェータ」という名前を記したものはない。また、同時代までのルーシの年代記(レートピシ(ru))にも、キエフ大公ヤロスラフ1世の娘の生涯に関する情報はない。現在知られている「ヤロスラフの娘・エリザヴェータ」に関する情報は、ルーシ以外の史料から摘出してまとめられたものであり、キエフ聖ソフィア大聖堂に残された肖像画の題詞も同様である。本頁のノルウェー王ハーラル3世の妻と、ヤロスラフの娘の一人とを同一人物と推定している根拠は、ヤロスラフの娘のスラヴ語の名前であるオリサヴァが、スカンジナヴィア語のエリシフ系(ノルウェー語であればEllisiv)の名前の転化したものであるという点である。

文学作品[編集]

ロシアの歴史小説家E.ドヴォレツカヤ(ru)の歴史小説『ハーラルの財宝』において、エリザヴェータはメインヒロインとして登場している[注 1]

注釈[編集]

  1. ^ 『ハーラルの財宝』はロシア語: Сокровище Харальдаの直訳による。

参考文献[編集]

  • Джаксон Т. Н. Исландские королевские саги о русско-скандинавских мат­римониальных связях // СС. 1982. Вып. XXVII.