エラ・アダイェフスカヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エッラ・ゲオルギイェヴナ・アダイェフスカヤロシア語: Елла Георгиевна Адаевская / Ella Georgiyevna Adayevskaya, 1846年2月22日1926年7月26日)はロシア帝国末期のピアニスト作曲家民族音楽学研究家。本名はエリザヴェータ・シュリツ(ロシア語: Елизавета Шульц, Elizavata Schul'tz)といい、アダイェフスカヤという筆名(ないしは偽名)は、グリンカ歌劇ルスランとリュドミラ》で用いられる2つの太鼓の音(A音とD音)にちなんでいる。ドイツ語式にエリザベート・フォン・シュルツ=アダイエフスキーElisabeth (von) Schultz-Adaïewsky)としても知られており、本人は他にもベルトラミン(Bertramin)という偽名も名乗っていた。

作曲家としては、ピアノ協奏曲や声楽曲、ロシア正教奉神礼聖歌や2つのオペラを手懸けたほか、イタリアの舞踏歌の曲集を編集しており、さらに研究者として、民謡古代ギリシャの音楽について著作を遺した。

生涯[編集]

サンクトペテルブルクに生まれ、8歳でアドルフ・フォン・ヘンゼルトに師事してピアノの学習を開始。ニコライ・マルティノフにも師事している。1862年から1866年までペテルブルク音楽院アントン・ルビンシテインアレクサンダー・ドライショクに師事して学業を続けた。そのほかに、アレクサンドル・ファミンツィンニコライ・ザレンバ、イグナツ・ヴォヤチェクに作曲を師事した。1870年ごろに帝室礼拝堂のために作曲を始め、その後まもなく2つの歌劇を手懸けた。第1作は、《故郷の娘(Neprigozhaya)》や《ボヤールの娘(Doch' boyarina)》と呼ばれた1幕もので、1873年に初演されている。第2作の《自由の夜明け(Zarya svobodï)》は4幕の野心作で、皇帝アレクサンドル2世に献呈されたが、農民蜂起の場面が描かれているとの理由で検閲に引っ掛かり、上演を拒否された。さらに喜歌劇《 Solomonida Saburova 》を作曲したが、草稿のままで発表しなかった。その後は単身ヨーロッパで演奏旅行に取り掛かり、1882年ヴェネツィアに定住した。

1881年には、四分音を用いたクラリネット・ソナタ《古代ギリシャ風》を作曲する。この作品は、古代ギリシャの音楽やビザンツ典礼スラヴ民謡についての自身の研究に触発されている。1882年にはイタリアや南チロルで土着の民謡を蒐集し、5/4拍子のワルツの唄などを採譜した[1]

1909年フランツィスカ・フォン・ローエに招かれてライン地方ノイヴィートに移住し、詩人カルメン・シルヴァを中心とした、自由主義を志向する芸術家のサークルに加わった。アダイェフスカヤの音楽活動は、最終的には民謡研究が中心となり、その分野でかなりの量の出版物を産み出す結果となった。

1926年ボンに客死し、ボン旧霊園に埋葬された。

その他の作品[編集]

次のような作品のほかに、ピアノ曲も遺した。

  • カンタータ《樅の木》Yolka, cantata (1870年ごろ)
  • 演奏会用序曲《婚礼の合唱》Svabednï khor, overture (1870年ごろ)

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ A. Eaglefield-Hull, A Dictionary of Modern Music and Musicians (Dent, London 1924), 6.

参考文献[編集]

  • Brown, Malcolm Hamrick. "Adayevskaya (née Schultz), Ella Georgiyevna." The Norton/Grove Dictionary of Women Composers, Julie Anne Sadie and Rhian Samuel, eds. (New York; London: W. W. Norton & Company, 1995), p. 506.
  • Eaglefield-Hull, A., A Dictionary of Modern Music and Musicians (Dent, London 1924), 6.
  • Hüsken, Renate. Ella Adaïewsky (1846-1926): Pianistin – Komponistin – Musikwissenschaftlerin. Cologne: Dohr, 2005. ISBN 3-936655-18-9.

外部リンク[編集]