エミリー・ブロンテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エミリー・ブロンテ

エミリー・ジェーン・ブロンテ(Emily Jane Brontë、1818年7月30日 - 1848年12月19日)は、イギリス小説家ヨークシャーソーントンに牧師の子として生まれた。

ブロンテ三姉妹の2番目で、唯一の長編小説『嵐が丘』を書いた。この作品は当初酷評されたが、没後に評価が高まった。ほかに三姉妹の詩を収めた『詩集』が評価されている。

生涯[編集]

1818年7月30日に、イギリスのヨークシャーソーントンに、牧師パトリック・ブロンテの四女として生まれる。姉がマリア、エリザベス、シャーロット、妹がアン。1820年、一家はハワースに移り住み、翌年母マライアを亡くす。1824年、姉3人がランカシャーのカウアン・ブリッジ校に入ったため、11月の終わりにエミリーもここに入学した。だがこの学校は非常に不衛生で、マリアは翌年5月、このため肺結核で死亡し、さらに1ヶ月後の6月にはエリザベスもやはり肺結核で後を追うように亡くなる。このため、シャーロットとエミリーは緊急に帰宅することになる。

牧師館では家事を任され、一つ年下のアンと仲良くなる。1831年よりシャーロットが私塾で学び、エミリーとアンは帰るたびごとに教えを受けた。その後姉が私塾で教師に採用されると、エミリーはこれについていきそこの生徒となるが、3か月後、アンと入れ替わりにハワースへ帰った。再び牧師館へ帰ると詩を書き始め、これはアンとの共同劇「ゴンダル年代記」に発展した。1836年、ハリファクス近郊のローヒルで教師を勤めるが半年でやめる。1842年には、姉のシャーロットと共にベルギーブリュッセルのエジェ寄宿学校へ留学、半年後シャーロットを残して帰国する。1844年、姉が帰国すると私塾を開くことを計画するが失敗した。

その秋に、シャーロットはエミリーとアンの詩稿を発見し、これをのちに『カラー、エリス、アクトン・ベルの詩集』(1846年)として、自費出版した。当時の女性作家への偏見から、執筆時エミリーは「エリス・ベル」という男性風の筆名を使用している。これがまったく売れずに終わると、シャーロットの説得を受けて小説「嵐が丘」を執筆する。出版社に引き取ってはもらえたものの、出版には1年ほどかかり、その間は父の看病をしたり詩を書いたりした。1847年、『嵐が丘』はアンの『アグネス・グレー』とともに1847年に刊行されたが、評価は厳しく、それより姉の『ジェーン・エア』のほうがよく注目された。『嵐が丘』の評価が高まったのは没後のことである。

1848年9月、兄パトリック・ブロンウェルが過度の飲酒がもとで急死。その葬儀の際に風邪をひき、これがもとで結核を患った。最後まで医者を拒み続け、12月19日に30歳の若さで死去した。墓地はハワースの教会にある。

作品[編集]

[編集]

1836年ころから詩を書き始め、アンと共に、大西洋上にある架空の島ゴンダル国での政争を描いた「ゴンダル年代記」を残した。これは現存せず、ゴンダル国の登場人物の作という設定で、『詩集』に抒情詩が収められている。有名なものに、「私の魂は怯懦(きょうだ)ではない(No Coward Soul is Mine)」など。姉の権威によってシャーロットによる書き直しがあるという。

  • カラー、エリス、アクトン・ベルの詩集(1846年、Poems by Currer, Ellis and Acton Bell

小説[編集]

  • 嵐が丘(1847年、Wuthering Heights
    • 三姉妹の作品を集めた『ブロンテ全集』(全12巻)が、みすず書房で刊行している。

関連項目[編集]