エフゲニー・シェフチュク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エフゲニー・シェフチュク
Євге́н Шевчу́к
Yevgeni Shevchuk.jpg

任期 2011年12月30日
首相 ピョートル・ステパノフ
タティアナ・トゥランスカヤ

任期 2005年12月28日2009年7月8日
元首 イーゴリ・スミルノフ

出生 1968年6月19日(45歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of Moldavian SSR.svg モルダビア・ソビエト社会主義共和国、リブニツァ
政党 革新党無所属

エフゲニー・ヴァシロヴィッチ・シェフチュクウクライナ語: Євге́н Васи́льович Шевчу́кモルドバ語キリル表記:Евгений Васильевичи Шевчукルーマニア語: Evgheni Vasilievici Șevciukロシア語: Евге́ний Васи́льевич Шевчу́к1968年6月19日 - )は、事実上の独立状態にある沿ドニエストル共和国の政治家。2000年に沿ドニエストル最高会議委員となり、2011年の選挙で大統領に選ばれた。また、2005年から2009年まで同会議委員長を、2010年まで野党・革新党の党首を務めた。

経歴[編集]

リブニツァ出身のウクライナ人。政府や民間の法人を渡り歩いてきた弁護士である。プロフィールには「ヨーロッパ的な視野を持つ社会民主主義派のテクノクラート、民主主義の信念を貫く人」とある。国会内で少数野党の状態にあった2005年12月以前には、選挙法改正運動の先頭に立った。これまで行ってきた改革要求は、選挙管理委員会委員長の公選や、投票結果に影響させないため、国営メディアによる選挙に関する世論調査や情勢分析を制限するなど、いずれも制度的なものである。これは、アメリカ国務省の2005年版国別人権報告書に掲載された[1]

欧州評議会議員会議は2005年の報告書で、民主改革に関連してシェフチュクについて言及し、沿ドニエストルは「多元主義に向けてさらに前進している」としたうえで、シェフチュク陣営が主導する「政治制度改革に関する国会自らのイニシアチブ」を強調した。この後、欧州議会はEU加盟国へのシェフチュクの入国を禁止した[2]

2009年7月22日、シェフチュクは国会議長を辞職[3]。革新党副議長でもあるアナトリー・カミンスキー副議長が、国会議長に昇格した。新しい副議長には、改革党党首で経済政策・予算金融委員会委員長のミハイル・ブルラが就いた。シェフチュクは辞職の理由として、当時議論を巻き起こしていたイーゴリ・スミルノフ大統領による憲法改正に向けた動きを挙げた[4]

2011年12月、シェフチュクは沿ドニエストルの大統領に選出された。12月11日の第一回投票で既に、現職のスミルノフとクレムリンが支援するカミンスキー最高会議議長の得票率を上回っていた[5]。それから12月25日の第二回投票で75%以上を得票し[6]、12月30日に就任した[7]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ Official Journal of the European Union: COUNCIL COMMON POSITION 2005/147/CFSP of 21 February 2005
  3. ^ Supreme Council - parliamentary news MPs vote on a resolution accepting the resignation of Parliamentary Speaker Yevgeny Shevchuk. (22 July 2009)
  4. ^ Yevgeny Shevchuk, "I call on you all to unite to protect our future, where there is the rule of law, the strong people are just, the weak people are protected, and everyone works and maintains stability”.
  5. ^ Запасной аэродром Игоря Смирнова: Предварительные результаты выборов президента могут признать недействительными, Независимая газета, 15 December 2011. http://www.ng.ru/cis/2011-12-15/1_smirnov.html
  6. ^ Выборы президента ПМР: 100% бюллетеней: за независимость - 76,4%, за "кандидата Кремля" - 20,2%, ИА REGNUM, 25 December 2011, http://www.regnum.ru/news/fd-abroad/moldova/1483475.html
  7. ^ Кремль дважды проиграл Приднестровье, Независимая газета, 27 December 2011, http://www.ng.ru/cis/2011-12-27/1_pridnestrovie.html

外部リンク[編集]

公職
先代:
グリゴレ・マラクツァ
最高会議議長
2005年 – 2009年
次代:
アナトリー・カミンスキー
先代:
イーゴリ・スミルノフ
沿ドニエストルの大統領
2011年 – 現職
現職
Eastern-Europe-map2.png この「エフゲニー・シェフチュク」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア