エア・カナダ797便火災事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エア・カナダ797便
エアカナダの所有する同型機
出来事の概要
日付 1983年6月2日
概要 出火点不明の火災
現場 シンシナティー国際空港
乗客数 41
乗員数 5
負傷者数
(死者除く)
16
死者数 23
生存者数 23 (5乗務員含む)
機種 ダグラスDC-9-32
運用者 エア・カナダ
機体記号 C-FTLU

エア・カナダ797便火災事故(エア・カナダ797びんかさいじこ)は、1983年6月2日、ダラス・フォートワース国際空港からトロント経由モントリオール到着予定の国際線フライト中であったエア・カナダ797便が火災を起こし、多数の死傷者を出した事故である。

事故の概要[編集]

1983年6月2日、エア・カナダ797便はトロント国際空港(現在のトロント・ピアソン国際空港)を経由しドルバル空港(現在のピエール・エリオット・トルドー国際空港)に向かうため乗客46名、乗員5名を乗せ、ダラス・フォートワース国際空港を離陸した。797便はDC-9-32(登録記号C-FTLU)により運行された。

離陸後、ケンタッキー州ルイビル上空を飛行中、後部トイレ付近で火災が発生した。797便はオハイオ州シンシナティに近くにあるケンタッキー州ボーン郡のシンシナティ国際空港(現在のシンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港)に緊急着陸した。緊急脱出により、18名の乗客と5名の乗務員が生存したが、乗客23名が死亡した。

事故調査[編集]

生存者の多くは内部が火に包まれる前に機体から離れており、死者のほとんどは機体の前方の乗客だった。また、死者のうち2名は火災発生後、前部に誘導されたにもかかわらず後部で発見された。大半の犠牲者の死因は火災により発生した有毒ガスだった。

事故後の調査で出火元は後部トイレ付近と推定されたが、火災による損傷が激しく出火原因を特定することはできなかった。 同類の旅客機火災とこの事故の調査の結果から国家交通安全委員会は連邦航空局に、後部トイレへの煙感知機と自動消火設備の設置を義務づけるよう指示した。また、航空会社に対して緊急脱出手順と乗員の避難訓練の見直しを指示した。

有名な乗客[編集]

スタン・ロジャース (Stan Rogersは『北西路』『メアリーエレンカーター』『蝋燭の唄』『バレットブリバティア』などの楽曲で知られる、カナダの民謡歌手であった。テキサスで開かれたカービル民謡際に参加したのち、事故機に乗り合わせた。他の乗客の救助中に逃げ遅れたとされている。 またジョージ・カーチス・マテスは、同名の電気会社 (Curtis Mathes Corporationの創業者であった。

メディア[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]