ウンベルト・ボッチョーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウンベルト・ボッチョーニ
ブロンズ作品『空間における連続性の唯一の形態』。イタリアの20セント・ユーロ硬貨のデザインにもなっている。

ウンベルト・ボッチョーニUmberto Boccioni1882年10月19日 - 1916年8月17日)はイタリア画家彫刻家、理論家。彼はマルクス主義者のアナキストであり、未来派の主要メンバーでもあった。

生涯[編集]

1882年10月19日、レッジョ・カラブリアに生まれる。生後すぐに家族はフォルリへ移住し、この地で幼年期を過ごした。

1901年、ローマの美術アカデミーのヌードコースに通い、独学で美術を学ぶ。

1902年、パリに移住し、印象派ポスト印象派のスタイルを模倣した。

1907年、ミラノへ移住後、詩人マリネッティや色彩分離派(ディヴィジョニスモ)の画家たちと交流。

1910年、カルロ・カッラルイージ・ルッソロジャコモ・バッラジーノ・セヴェリーニとともに、未来派画家宣言、未来派運動の技術宣言を発表した。彼らによれば、近代のアーティストの目標は、モデルや過去の具象美術の伝統の束縛から、自由となって、同時代のダイナミックで発展し続ける社会へと、決然と進んで行くことだとされた。

第一次大戦の布告に伴って、ボッチョーニはヴェローナ近郊のソルテで砲兵連隊に入隊する。1916年8月16日、騎兵隊訓練中に落馬して馬に踏みつけられ、その翌日に33歳で死亡した。