ウッドメタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウッドメタル(またはウッズメタル、ウッド合金)は低融点を特徴とする合金である。組成はビスマス50%、26.7%、13.3%、カドミウム10%である。共晶材料で融点は70℃である。

マサチューセッツ工科大学(MIT)のウッド博士が発明した。コーヒーの温度で溶けるスプーンというデモンストレーションが行われたが、成分元素は有毒である。低融点ハンダ材料や、消防用スプリンクラーヘッドの感温材料として用いられる。

低融点であるという特徴から、ミステリー小説や漫画などにも登場するが、現実には条件を揃えるのが難しい。


その他の低融点合金にはローズ合金ガリンスタンナトリウムカリウム合金(NaK)他、インジウムやビスマスの合金がある。

関連項目[編集]

en:Cerrobend