ガリンスタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガリンスタン (Galinstan) はガリウムインジウムスズ共晶合金で、常温で液体の金属である。ドイツゲーラテルム・メディカル株式会社 (Geratherm. Medical AG) が開発し、Galinstanは同社の登録商標である。名前は各元素のラテン名、ガリウム (Gallium) - インジウム (Indium) - スズ (stannum) に由来する。

組成は、ガリウム68.5%、インジウム21.5%、錫10%である。

性質[編集]

他の常温で液体である金属に比べて毒性が低い。また蒸気圧が低く高熱にさらされても気化しない。そのため、体温計など水銀が使われる用途の代替材料としても使用される。ただしガリンスタンは、ガラスを含む多くの材料に対して、高い濡れ性付着性を有する。そのため、ガラスに入れて使用する場合、ガリンスタンが接する部分にはコーティングが必要であるなどの課題がある。また、原料のガリウムやインジウムが高価であるため、原子炉冷却材のような大量に使用する用途には向かない。また、常温で液体の金属であるため、他の固体の金属と触れていると染み込み、脆化を起こし、その金属の強度が下がる。

  • 沸点: > 1300℃
  • 融点: -19℃
  • 比重: 6.44g/cm3
  • 粘度: 0.0024 Pa·s(at 20℃)
  • 熱伝導率:16.5 W·m–1·K

用途[編集]

先述の体温計などの用途の他、濡れ性と付着性がよく熱伝導率が高く熱に強いことを利用し放熱グリス様の利用をされる。ただし脆化が起きやすいためアルミニウム製のヒートシンクには使用できない点に注意を要する。