ウェブログズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウェブログズ英語:Weblogs, Inc)とは、かつて存在したアメリカ合衆国のオンラインメディア企業(ブログパブリッシャー)である。現在はAOLの一部として、ブログネットワーク英語版を形成している。傘下にはEngadgetなどの有力なメディアを抱えている。

歴史[編集]

前史[編集]

ジェイソン・カラカニス(Jason Calacanis)は1990年代後半に、ニューヨークでIT業界向けの雑誌「シリコン・アレー・レポーター」を作っていた。手作りの冊子から始まった雑誌はインターネット・バブルと共に成功したが、その後バブルは崩壊した[1]

設立[編集]

2003年10月、カラカニスはブライアン・アルベイ(Brian Alvey)と共にマーク・キューバンの投資を得てウェブログズを設立した。ウェブログズはプロのブロガーを雇ってブログを使ったメディアを沢山作る一方で、ブログシステムや広告・渉外は一本化して利益を得るというアイデアを打ち出した[1]。しかし、当時のブログはあくまで趣味として書くものであり、懐疑的な声が多く[2]、同業他社のゴーカー・メディアも大成功の確信は持っていなかった。しかし結局このアイデアは成功し、ブログ・パブリッシャーと呼ばれる企業ジャンルが確立した[3]

ウェブログズは多くのメディアを作って、ブログネットワークを形成した。なかでも2004年に始まったエンガジェットは人気を博し、2004年と2005年の二年連続で「Best Tech Blog賞」を受賞した[4][5]。これはガジェットを紹介するブログで、ゴーカー・メディアでギズモードを成功させたピーター・ロハス(Peter Rojas)が執筆した。

ウェブログズでは、この他にも自動車ブログの「Autoblog」やビデオゲームを紹介する「Joystiq」などが人気で、2005年には100人以上のブロガーを雇って85カテゴリのブログを運営するようになっていた[6]。当時のユニークビジターは170万人/月(2005年10月)、ページビューは650万/月、年間収益は600万ドル(推定)に及び[7]、エンガジェット日本語版も始まった(6月)[8]

買収[編集]

この成功に目をつけたのがポータルサイト大手のAOLである。ちょうどこの頃、アメリカのインターネット広告は急成長を遂げていた。広告をつける為のコンテンツが求められており[9]、ブログもその1つだった。GoogleYahoo!などは既にブログに力を入れており、AOLも対抗する必要があった[10]。2005年10月、AOLはウェブログズを2500万ドルで買収し[6]、AOL.comに組み込んだ。

カラカニスは1年後の2006年11月に社内の政変に抗議して退職したが[1]、ウェブログズは成長を続け、世界進出も果たした。2008年のユニークビジターは全世界で3200万人/月(2008年8月)、ページビューは1億8700万/月、不況下にも関わらず年間収益は3000万ドル(推定)となった[7]

ブログ一覧[編集]

  • Engadget(エンガジェット)- ガジェット。
  • Joystiq(ジョイスティック)- ビデオゲーム。
  • TV Squad(ティーブイ・スクオッド)- テレビ番組。
  • Luxist(ラクシスト)- 宝石などのセレブファッション。
  • TUAW - アップルコンピュータ。The Unofficial Apple Weblogの略。
  • Download Squad(ダウンロード・スクオッド)- ソフトウェア。
  • Autoblog(オートブログ)- 自動車。
  • BloggingStocks(ブロギング・ストックス)- ファイナンス。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 市村 佐登美 (2007年10月3日). “ネット企業家たちのデビュー戦:TechCrunch40公開デモマラソン審査[前編]”. 日経ビジネス. 2010年12月12日閲覧。
  2. ^ Daniel Terdiman (2003年9月30日). “ウェブログ大帝国を夢見るベンチャー事業”. WIRED VISION. 2010年12月11日閲覧。
  3. ^ 田中善一郎 (2009年11月16日). “軌道に乗ってきた商業ブログ出版,米国では職業ブロガーが45万人も?”. BLOGOS. 2010年12月12日閲覧。
  4. ^ 小寺信良 (2006年11月13日). “「Engadget」って何だ?”. ITmedia. 2010年12月17日閲覧。
  5. ^ Kevin Aylward (2004年12月14日). “2004 Weblog Award Winners”. the weblog award. 2010年12月17日閲覧。
  6. ^ a b 青木大我 (2005年10月7日). “米AOL、ブログネットワークの米Weblogsを買収”. INTERNET Watch. 2010年12月17日閲覧。
  7. ^ a b AOL (2008年10月22日). “Third Anniversary Weblogs Inc AOL Octorber 2005 - Octorber 2008”. 2010年12月17日閲覧。
  8. ^ あのガジェットブログ「Engadget」日本語版オープン”. ITmedia (2005年6月27日). 2010年12月17日閲覧。
  9. ^ 小池良次 (2006年1月30日). “AOL騒動の顛末に見る米ネットビジネスの光と陰”. Wisdom. 2010年12月17日閲覧。
  10. ^ Dawn Kawamoto (2005年10月7日). “AOL、ブログ関連企業のWeblogsを買収へ--ヤフーやグーグルに対抗”. CNET JAPAN. 2010年12月17日閲覧。

外部リンク[編集]