ウィリー・ナオルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリー・ナオルス
Willie Naulls
名前
本名 William Dean Naulls
愛称 "The Whale"
ラテン文字 Willie Naulls
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1934年10月17日
出身地 テキサス州ダラス
身長 198cm
体重 102kg
選手情報
ポジション F/C
背番号 36, 6, 71, 12
ドラフト 1956年
経歴

1956
1956-1963
1963
1963-1966
UCLA
セントルイス・ホークス
ニューヨーク・ニックス
サンフランシスコ・ウォリアーズ
ボストン・セルティックス

ウィリー・ナオルスWillie Naulls, 1934年10月17日 - )はアメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAで活躍した元バスケットボール選手。テキサス州ダラス出身。全盛期をニューヨーク・ニックスで過ごし、キャリア終盤はボストン・セルティックスにて3度の優勝に貢献した。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学卒業後、1956年のNBAドラフトにてセントルイス・ホークスから指名を受けてNBA入りを果たす。迎えたルーキーイヤーはシーズン序盤でトレードに出され、ナオルスはキャリアの大半を過ごすニューヨーク・ニックスに移籍した。このシーズンは10.1得点8.7リバウンドを記録した。

ニックスでの2年目以降はリッチー・ゲーリンケニー・シアーズらと共にチームの中心選手として活躍。1957-58シーズンは18.1得点11.8リバウンドの平均ダブル・ダブルを達成し、オールスターにも初選出された。1959-60シーズンには21.4得点14.2リバウンドと得点アベレージを20点に乗せ、以降3シーズン連続でアベレージ20得点10リバウンド以上を維持し、1961-62シーズンはキャリアハイとなる25.0得点11.6リバウンドを記録している。またこの時期ナオルスはアメリカの主要プロチームの中では初となる、黒人キャプテンとしてチームを支えた。しかし当時低迷期に入っていたニックスは彼の所属期間中プレーオフに出場できたのは僅かに1回のみと浮上の機会を見出せなかった。そしてチーム内でジョニー・グリーンが台頭を見せたため、ナオルスは1962-63シーズン中にサンフランシスコ・ウォリアーズにトレードされた。さらにシーズン終了後にボストン・セルティックスに移籍する。

黄金期を迎えていたセルティックスではトム・ヘインソーンのバッグアップとしてプレイ。自然と成績は後退したが、ナオルスはセルティックスでの3シーズンで3度の優勝を経験した。また1964年12月26日にはヘインソーンが負傷したため、ナオルスは先発に昇進。この時の先発メンバーはビル・ラッセルK.C.ジョーンズサム・ジョーンズトム・サンダース、そしてナオルスと、全員が黒人であり、セルティックスはNBA初の先発全員を黒人にしたチームとなった。

ナオルスは1966年に現役から引退した。NBA通算成績は10シーズン716試合の出場で、11,305得点6,508リバウンド、平均15.8得点9.1リバウンドだった。

主な業績

外部リンク[編集]