ウィリアム・エドワード・パリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・エドワード・パリー

ウィリアム・エドワード・パリー(Sir William Edward Parry, 1790年12月19日 - 1855年7月8日か9日)は、イギリス海軍少将で、北極の探検家。

バースで医者の子として生まれた。13歳の時、コーンウォリス提督の旗艦に乗船。1810年から3年間、スヴァールバル諸島捕鯨業の保護に従事。1818年、ジョン・ロス艦長の下で北極探検に出発。この旅で具体的な成果は上げられなかったが、北西航路発見の可能性を強く感じた。1820年、グリーンランドからベーリング海峡に至る北西航路を開拓。

1829年、功績を称えサー(Sir)の位を与えられた。

関連項目[編集]