イ・ウンジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イ・ウンジュ
ハングル 이은주
漢字 李恩宙
ローマ字 Lee Eung-ju
出生 1980年11月16日
全羅北道群山市[1]
死没 2005年2月22日(満24歳没)
京畿道城南市盆唐区
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1997年[1] - 2005年

イ・ウンジュ1980年11月16日 - 2005年2月22日)は、大韓民国女優。映画『ブラザーフッド』に主演するなどして活躍したが、2005年2月に盆唐(ブンダン、ソウル市近郊の高級住宅街)の自宅にて自殺。24歳。

人物[編集]

全羅北道群山市出身、檀国大学校映画演劇学科卒業。身長170cm[1]、血液型A型[1]

幼少時代からピアノを学んで、ピアニストになるのが夢だった。のちに映画の魅力に惹かれて、女優の道を歩み始めた。

高校生の時、制服のイメージモデルとして登場し、1998年のSBSドラマ『白夜3.98』で韓国のブラウン管に登場した。1999年の『紅鱒』で映画デビュー。2000年の『オー!スジョン』で主役に抜擢され、2001年韓国のアカデミー賞とされる大鐘賞映画祭新人女優賞を受賞した。

2004年史上最高の観客動員を記録した『ブラザーフッド』(原題『太極旗を翻して』)の主演女優として一躍名が広まったが、2005年2月22日に京畿道城南市盆唐区の自宅マンションで首吊り自殺しているのが兄に発見された。2004年10月に公開された映画『スカーレットレター』(原題『朱紅の文字』)でベッドシーンを所属事務所になかば強いられて演じたことが不眠症につながったという報道もあったが、元マネージャーと事務所側はこれを否定しており、遺書も公式には公表されておらず、憶測の域を出ない。

2005年2月24日、盆唐ソウル大学病院で告別式が行われた後、火葬に付され、高陽市一山区納骨堂に安置された。『朱紅の文字』(スカーレットレター)が最後の出演作となった。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2011年7月15日閲覧。

外部リンク[編集]