インシディアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インシディアス
Insidious
監督 ジェームズ・ワン
脚本 リー・ワネル
製作 オーレン・ペリ
スティーブン・シュナイダー
ジェイソン・ブラム
製作総指揮 ブライアン・カバナー=ジョーンズ
出演者 パトリック・ウィルソン
音楽 ジョセフ・ビシャラ
撮影 デビッド・M・ブリュワー
ジョン・R・レオネッティ
編集 カーク・モッリ
ジェームズ・ワン
製作会社 フィルム・ディストリクト
配給 アメリカ合衆国の旗 フィルム・ディストリクト
日本の旗 ショウゲート
公開 カナダの旗 2010年9月14日トロント国際映画祭
アメリカ合衆国の旗 2011年4月1日
日本の旗 2011年8月27日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 $1,500,000[1]
興行収入 $54,009,150[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$97,009,150[1] 世界の旗
次作 インシディアス 第2章
テンプレートを表示

インシディアス』(原題: Insidious)は、2011年のアメリカ合衆国ホラー映画である。『ソウ』シリーズ1作目にてコンビを組んだジェームズ・ワンリー・ワネルが再びタッグを組み、さらに『パラノーマル・アクティビティ』のオーレン・ペリが製作を務めている。北米・イギリスで5週連続でトップ10入りを記録した。

ストーリー[編集]

ジョシュとルネの夫婦は3人の子とともに新居に引っ越してから、屋根裏から物音がするなどといった怪奇現象に見舞われた。そんなある日長男のダルトンが梯子から落ちて昏睡した。しかし、ダルトンの身体に異常はなく、昏睡の原因ははっきりしなかった。 この新居が呪われていると考えた夫妻は別の家に引っ越すも、怪奇現象はおさまらず、霊媒師や牧師に依頼しても事態は悪化していく一方だった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジョシュ・ランバート パトリック・ウィルソン 咲野俊介
ルネ・ランバート ローズ・バーン 園崎未恵
ダルトン・ランバート タイ・シンプキンス 福井美樹
フォスター・ランバート アンドリュー・アスター 羽飼まり
ロレーヌ・ランバート バーバラ・ハーシー 岡本嘉子
エリーゼ・ライナー リン・シェイ 宮沢きよこ
スペック リー・ワネル 逢笠恵祐
タッカー アンガス・サンプソン 山本格
マーティン神父 ジョン・ヘンリー・バインダー 西村太佑

トリビア[編集]

作中にジェームズワンの過去作のキャラクターがカメオ出演しており、黒板の落書きに『ソウ』シリーズのジグソウ人形が描かれている。

製作[編集]

リー・ワネルが脚本を執筆し、ジェームズ・ワンが監督した[2]。撮影は2010年の初めにロサンゼルスで行われた[3]。撮影最終日にワネルの思いつきにより、急遽、『ソウ』のビリーが出演することとなった[4]。元々は『The Further』というタイトルであり、その後『The Astral』に変更され、最終的に『Insidious』となった[5]

本作はホラー映画としてだけでなく、親子の絆を描いたドラマ映画の要素もあるが、そのことに関してワン監督は「『ソウ』の後、誰もが僕を流血や暴力を描く監督として分類したがったんだ。...だから『インシディアス』で、監督としてとても重要だったのは、僕がドラマ、ストーリーやキャラクターに気を配っていて、流血や暴力は避けていることを示すことだったんだ。」と語っている[6]

公開[編集]

2010年のトロント国際映画祭で初上映された。北アメリカではPG-13指定だが[1]、日本ではG指定(年齢制限なし)である[7]

興行収入[編集]

北アメリカで2011年4月1日に公開され、初週末3日間で1327万1464ドルを稼いで初登場3位となった[8]。その後5週連続でトップテン入りを果たしている[9]。2011年8月24日までに北米で5400万9150ドル、全世界で9700万9150ドルの興行収入を上げている[1]

批評家の反応[編集]

批評家からは概ね好意的な評価を受け、Rotten Tomatoesのよると154個のレビューで支持率は67%であり、平均点は10点満点で6点であった[10]ロジャー・イーバートは4つ星満点で2つ星半を与え、「すごく良いわけではないが、観客の期待には応えられる」と書いた[11]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e Insidious (2011)”. Box Office Mojo. 2012年1月14日閲覧。
  2. ^ Patrick Wilson and Rose Byrne Topline Insidious”. ComingSoon.net. 2011年8月24日閲覧。
  3. ^ Dave Davis. “Patrick Wilson and Rose Byrne are feeling Insidious”. JoBlo. 2011年8月24日閲覧。
  4. ^ 「ソウ」のキャラクター“ビリー”が、最新作ホラー「インシディアス」に登場!!”. ハリウッドチャンネル (2011年8月19日). 2011年8月24日閲覧。
  5. ^ Garth Franklin. “Rose Byrne, Patrick Wilson Are "Insidious"”. Dark Horizons. 2011年8月24日閲覧。
  6. ^ 『インシディアス』ジェームズ・ワン監督「観客の足下をすくうような作品を作っているよ」”. MovieWalker (2011年8月23日). 2011年8月24日閲覧。
  7. ^ 映画 インシディアス”. allcinema. 2011年8月24日閲覧。
  8. ^ Weekend Box Office Results for April 1-3, 2011”. Box Office Mojo. 2011年8月24日閲覧。
  9. ^ Insidious (2011) - Weekend Box Office Results”. Box Office Mojo. 2011年8月24日閲覧。
  10. ^ Insidious Movie Reviews, Pictures”. Flixster. 2011年8月24日閲覧。
  11. ^ Ebert, Roger (2011年3月31日). “Insidious”. rogerebert.com. 2011年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]