イロニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイロニー英語:Ironyドイツ語:Ironie)とも表記されるこの言葉の語源は、ギリシア語のエイローネイアειρωνεία「虚偽、仮面」である[1]。語源から明らかなようにイロニーは表面的な立ち振る舞いによって本質を隠すという事を意味する。

この点を日本語では皮肉骨髄という仏教用語になぞらえ、換喩的に皮肉と訳した(皮肉は骨髄に対して本質的ではない)。その他、一般には反語逆説などの意味でも用いられる。

イロニーは歴史的に様々な用法を持つに至った言葉であるが、大きくは修辞学と哲学の二つの意味がある。

概要[編集]

修辞学[編集]

本当の考えや意図と違う考えをほのめかしによって伝える。この際には、例えばほめ殺しのように、誇張法が多く用いられる。その多くの場合は他人を嘲笑する事、諷刺する事を目的としている。またドラマティック・アイロニーという使われ方の場合は、観客が知っている真実をドラマに登場する人物だけが知らず、登場人物たちが右往左往する様を滑稽として笑うという点に真実を隠すという意味での「イロニー」がある。

哲学[編集]

もとはソクラテスが産婆術の際に、知っている事を知らない振りをして若者を問いただした立ち振る舞いを示した。こうしたソクラテスの挙動は道化振りとして批判も出来よう。しかし後にドイツロマン派のシュレーゲルは、これが自我を解放するための手段になるとして注目する。こうした哲学的イロニーは、ロマンティック・イロニー(ロマン主義的イロニー)と呼ばれるものである。シュレーゲルのイロニーに対しては、後にヘーゲルやキルケゴールなどが、哲学という真理を探究する領域においては相応しい手段ではないとして、批判的な態度を取った。以下では哲学的な意味でのイロニーについて示す。

ソクラテス[編集]

ソクラテスのイロニーとは、彼が有名な「無知の知」の対話において、通常の意味では彼も知っている事柄を知っていないかのように振舞った態度のことである。ソクラテス的対話においては、このようにあえて無知を「装う」ことで、言葉が通常の慣れ親しんだ意味から離れ、哲学的な探求へと進む事になる。

シュレーゲル[編集]

フリードリヒ・シュレーゲル

キルケゴール[編集]

キルケゴールは、学位論文『イロニーの概念について』で、ヘーゲルの側に立ちながら、ロマン主義的イロニーについて批判を行った。彼はイロニーを古典的概念としてのそれと、当時ドイツで肯定的な評価が成されていた実存主義的概念としてのそれの2つに分類し、前者をソクラテスのイロニー、後者をロマン主義的イロニーと呼んだ。この二つの向かう方向性は異なる。ソクラテスのイロニーは真理を探究するものであるのに対し、シュレーゲルのロマン主義的イロニーは審美の領域に限られるというのである。 もっともソクラテスのイロニーであっても、キルケゴールによれば、宗教という真理にたどり着くにあたって十分な手立てではない。キルケゴールが真理にたどり着く手段として注目したのは、むしろフモールユーモア)である。実存を美的/倫理的/宗教的段階の三つに分け、宗教的段階を最上位に置くキルケゴールにとって重要なのは、美的段階に遊ぶ事ではなく、素早く宗教的段階に達する事であった。かくしてキルケゴールは、イロニー的立場の限界を指摘する。これによって彼は当時ドイツで主流を占めていた哲学思想に対峙し、自身が重視するキリスト者的実存の優位を主張していく[1]。 こうしたキルケゴールの見解は美を解さぬともいえようし、また真と善を結びつけ、美をそれらの下位に置くという意味で、古典主義的であるという事も出来よう。しかしこの初期キルケゴールの仕事は、最終的にキルケゴール自身が自らの仕事の目録に含めなかったのだし、またヘーゲルの影響をあまりにも強く受けておりキルケゴール自身の独自性に乏しいと後世の研究者らに看做されることとなる。


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 大屋憲一、細谷昌志編『キルケゴールを学ぶ人のために』世界思想社、1996年:所収、源宣子『イロニーとフモール』