イルカンジ症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イルカンジ症候群(イルカンジしょうこうぐん)は、オーストラリア近海に生息するイルカンジクラゲCarukia barnesi)に刺されることによって起こる症状の総称。1952年にHugo Flecker[1]によって、アボリジニのイルカンジ部族にちなんで命名された。

症状[編集]

イルカンジクラゲのサイズ
本体は12~25mm程だが、触手が1メートルに及ぶ

イルカンジクラゲに刺されると背中・胸の激痛、最高血圧が300近くにもなる急激な血圧上昇、強い精神不安などの症状が起こり、死亡することもある。このときの痛みは凄まじくモルヒネも効果が無い。男性では持続的な勃起を引き起こすこともある。血圧上昇には硫酸グリセリンの口中噴霧、疼痛には硫酸マグネシウムの投与が行われる[2]

関連項目[編集]

脚注・参照[編集]

  1. ^ http://www.adb.online.anu.edu.au/biogs/A140195b.htm
  2. ^ Flecker H (1952). “Irukandji sting to North Queensland bathers without production of weals but with severe general symptoms”. Med J Aust 2 (3): 89-91. PMID 14956317.