イブン・サイード・マグリビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イブン・サイード・マグリビーアラビア語 أبو الحسن علی ابن موسی ابن محمد ابن عبد الملک ابن سعید المغربی Abū al-Ḥasan ʿAlī ibn Mūsā ibn ʿAbd al-Malik ibn Saʿīd al-Maghribī 1213年 - 1276年)は、アンダルス出身の歴史学者、地理学者。

1213年、グラナダ近郊に生まれ、セビリャに学んだ。1241年マッカ巡礼に旅立ちアレクサンドリアカイロに滞在し、家族代々の営みであったマグリブとアンダルスの歴史書『美しきマグリブの書』(کتاب المغرب في حلا المغرب Kitāb al-Mughrib fī ḥulā'l-Maghrib)によって名声を博した。

1249年、カイロを立ってシリアイラクを周遊、さらにマッカへ二回目の巡礼を果たしている。この旅は『美しきマグリブの書』と対となる『美しきマシュリクの書』(マグリブが西方を指すのに対しマシュリクは東方を指す)のためと思われるが、こちらは現在ほとんど散逸してしまっている。その後1254/5年にチュニスに到着、ハフス朝の君主・ムスタンスィルに仕えた。1267年、再び東方へ出発し、イランまで巡遊している。1276年ころチュニスに戻り、1286年同地に没した。