イブラヒム・ナシル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イブラヒム・ナシル・ランナバンデイリ・キレゲファン
އިބްރާހިމް ނާޞިރު ރައްނަބަނޑޭރި ކިލޭގެފާނު

任期 1968年11月11日1978年11月11日

出生 1926年9月2日
モルディブの旗 モルディブフヴァンムラ
死去 2008年11月22日(82歳)
シンガポール
配偶者 Aisha Zubair (Tuttudon Goma)
Maryam Saeed Didi
Naseema Mohamed Kaleyfān

イブラヒム・ナシル・ランナバンデイリ・キレゲファン (Ibrahim Nasir Rannabandeyri Kilegefan, 1926年9月2日 - 2008年11月22日)は、モルディブ政治家で第二共和政初代大統領

モルディブは1965年にイギリスから独立したが、当時のモルディブはスルタンであるムハンマド・ファリド・ディディを頂点とする君主国モルディブ・スルターン国)であった。ナシルはスルタンのもとで首相を務めたが、国民投票により、1968年11月11日にモルディブは共和制に移行。ナシルは初代大統領に就任した。

ナシル政権下、大きな陸地から離れたモルディブの国際的な知名度は上がり、国家の近代化も進んだ。島国の閉鎖的な社会を、観光を中心とする開かれた社会へと変貌させ、経済的な成長も概ね良好に達成された。また、モルディブに英語を基礎とした近代教育や、テレビラジオを普及させたのもナシル政権である。だが一方、政治的には大統領による権威主義体制が敷かれ、政権への反対意見は容赦なく抹殺された。この体制は、1978年11月11日よりナシルに代わり政権を担当することとなったマウムーン・アブドル・ガユーム大統領の政権下でも続いた。

政権移譲後の1980年、ガユーム政権に対し反乱を企てるも、失敗に終わっている。

政権移譲後はシンガポールに在住し、同国国民として生活していたが、2008年11月に現地で死去した。この時、首都マレの共和国広場には半旗が掲げられた。