イスファラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イスファラ
Исфара (Isfara)
訪問者を歓迎する屋外の表示
イスファラの位置(タジキスタン内)
イスファラ
イスファラ
座標: 北緯40度07分 東経70度38分 / 北緯40.117度 東経70.633度 / 40.117; 70.633
タジキスタンの旗 タジキスタン
行政区画 ソグド州
行政
 - 市長 Muhiba Yakubova
面積
 - 計 832km2 (321.2mi2)
標高 863m (2,831ft)
人口 (2008)
 - 計 40,600人
郵便番号 735920

イスファラ(Исфара)はタジキスタンの北部、ソグド州の一都市である。人口はおよそ37,300人である。

歴史[編集]

イスファラは中央アジアで最も古い町の一つであり、最初の名前はアスバラ(Asbara)であった。イスファラのことは、10世紀の歴史書『タバリーの歴史』(タバリーの『諸使徒と諸王の歴史』のペルシア語訳)でも記述されているという。

この町は、11世紀から12世紀に、商業の分野で発展した。16世紀初頭頃、ムガール帝国の初代皇帝バーブルがこの地域の最大の都市をイスファラと名付けた。16世紀には大きな建物(モスクマドラサと呼ばれる宗教学校、など)の建築方法が発達した。17世紀にはコーカンド・ハン国の支配地域となった。

地理[編集]

イスファラは、海抜863メートルにあり、タジキスタンウズベキスタンキルギスの3つの国の独立州の境界が交わるところにある。 面積は、およそ832平方キロメートル。

経済[編集]

およそ20の会社が電気製品、化学・材料製品、建設材料、食品、その他を生産している。 イスファラはアプリコット農園の地としても世界で有名である。

外部リンク[編集]