アーバン・コンテンポラリー・ゴスペル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Urban/contemporary gospel
様式的起源 ゴスペル
文化的起源 20世紀後半、アフリカン・アメリカンによって。
使用楽器 ギター、ベース、ピアノ、ドラム
サブジャンル
クリスチャン・ヒップホップ
テンプレートを表示

アーバン・コンテンポラリー・ゴスペル (Urban contemporary gospel)とは、新しいクリスチャンミュージックの一つである。

大半が、クリスチャン的な要素を含む歌詞から構成されているが、メロディラインは、多くのポップ・ミュージックと同じ物が多い[1]

代表的なアーティスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
執筆の途中です この項目「アーバン・コンテンポラリー・ゴスペル」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。