アーネスト・ゲルナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーネスト・ゲルナー

アーネスト・ゲルナーErnest Gellner, 1925年12月9日-1995年11月5日)は、歴史学者哲学者社会人類学者ナショナリズムの研究で有名。

来歴・人物[編集]

パリユダヤ人の家族に生まれる。生誕後、すぐにプラハに移り、そこで育つ。1939年、家族とともにイギリスに亡命。これは、前年1938年ミュンヘン協定により、ズデーテンがドイツに割譲され、ナチス・ドイツのものになったためである。1945~46年にかけて短期間プラハに戻り、カレル大学で学ぶ。ここで、フッサールの弟子でもあったヤン・パトチカの指導を受ける。パトチカは東側世界に残った数少ないフッサール門下生のひとりであった。

イギリスに戻るとオックスフォード大学社会人類学を学ぶとともに、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで政治学も勉強した。エディンバラ大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスケンブリッジ大学で教鞭をとり、1993年からプラハにある中央ヨーロッパ大学ナショナリズム研究センター所長として研究を続けた。

『民族とナショナリズム』は、産業社会の勃興と国民形成の関連性を指摘し、ベネディクト・アンダーソン想像の共同体』やエリック・ホブズボームほか編『伝統の創造』と並んで、ナショナリズム研究における近代主義アプローチを代表する著作として知られる。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス時代の教え子であるアントニー・D・スミスの博士論文は、『民族とナショナリズム』に対する反駁でもあった。

著書[編集]

単著[編集]

  • Words and Things: A Critical Account of Linguistic Philosophy and a Study in Ideology, (Victor Gollancz, 1959).
  • Thought and Change, (University of Chicago Press, 1964).
  • Saints of the Atlas, (University of Chicago Press, 1969).
  • Cause and Meaning in the Social Sciences, (Routledge, 1973).
  • Contemporary Thought and Politics, (Routledge, 1974).
  • The Devil in Modern Philosophy, (Routledge, 1974).
  • Legitimation of Belief, (Cambridge University Press, 1974).
  • Spectacles & Predicaments: Essays in Social Theory, (Cambridge University Press, 1979).
  • Muslim Society, (Cambridge University Press, 1981).(宮治美江子堀内正樹田中哲也訳『イスラム社会』紀伊國屋書店, 1991年)
  • Nations and Nationalism, (Cornell University Press, 1983).(加藤節監訳『民族とナショナリズム』岩波書店, 2000年)
  • Relativism and the Social Sciences, (Cambridge University Press, 1985).
  • Culture, Identity, and Politics, (Cambridge University Press, 1987).
  • The Concept of Kinship: and Other Essays on Anthropological Method and Explanation, (Blackwell, 1987).
  • Plough, Sword and Book: the Structure of Human History, (Collins Harvill, 1988).
  • State and Society in Soviet Thought, (Blackwell, 1988).
  • Postmodernism, Reason and Religion, (Routledge, 1992).
  • Reason and Culture: the Historic Role of Rationality and Rationalism, (Blackwell, 1992).
  • Conditions of Liberty: Civil Society and its Rivals, (H. Hamilton, 1994).
  • Encounters with Nationalism, (Blackwell, 1994).
  • Anthropology and Politics: Revolutions in the Sacred Grove, (Blackwell, 1995).
  • The Psychoanalytic Movement: the Cunning of Unreason, (Northwestern University Press, 1996).
  • Nationalism, (New York University Press, 1997).
  • Language and Solitude: Wittgenstein, Malinowski, and the Habsburg Dilemma, (Cambridge University Press, 1998).

編著[編集]

  • Soviet and Western Anthropology, (Duckworth, 1980).
  • Islamic Dilemmas: Reformers, Nationalists and Industrialization: the Southern Shore of the Mediterranean, (Mouton Publishers, 1985).

共編著[編集]

  • Populism: its Meaning and National Characteristics, co-edited with Ghita Ionescu, (Macmillan, 1969).
  • Arabs and Berbers: from Tribe to Nation in North Africa, co-edited with Charles Micaud, (Heath, 1972).
  • Patrons and Clients in Mediterranean Societies, co-edited with John Waterbury, (Duckworth, 1977).
  • Liberalism in Modern Times: Essays in Honour of Jose G. Merquior, co-edited with Cesar Cansino, (Central European University Press, 1996).