アントニー・D・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アントニー・D・スミス(Anthony D. Smith, 1933年 - )は、イギリス社会学者ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授。

オックスフォード大学を卒業し、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで博士号取得。

ナショナリズム研究を専門とし、国民(ネイション)およびナショナリズムを近代特有の産物とみるエリック・ホブズボームアーネスト・ゲルナーの議論に対して、それ以前から存在する文化的共同体(エトニ、エスニーとも訳される)との連続性を重視する立場をとる。

著書[編集]

単著[編集]

  • Social Change: Social Theory and Historical Processes, (Longman, 1976).
  • Nationalism in the Twentieth Century, (Martin Robertson, 1979).
巣山靖司監訳『20世紀のナショナリズム』(法律文化社, 1995年)
  • State and Nation in the Third World: the Western State and African Nationalism, (Wheatsheaf Books, 1983).
  • Theories of Nationalism, 2nd ed., (Holmes & Meier, 1983).
  • The Ethnic Origins of Nations, (Blackwell, 1986).
巣山靖司・高城和義河野弥生岡野内正南野泰義岡田新訳『ネイションとエスニシティ――歴史社会学的考察』(名古屋大学出版会, 1999年)
  • National Identity, (Penguin, 1991).
高柳先男訳『ナショナリズムの生命力』(晶文社, 1998年)
  • Nations and Nationalism in a Global Era, (Polity Press, 1995).
  • Nationalism and Modernism: A Critical Survey of Recent Theories of Nations and Nationalism, (Routledge, 1998).
  • Myths and Memories of the Nation, (Oxford University Press, 1999).
  • The Nation in History: Historiographical Debates about Ethnicity and Nationalism, (Polity Press, 2000).
  • Nationalism: Theory, Ideology, History, (Polity Press, 2001).
  • Chosen Peoples: Sacred Sources of National Identity, (Oxford University Press, 2003).
一条都子訳『選ばれた民――ナショナル・アイデンティティ、宗教、歴史』(青木書店, 2007年)
  • The Antiquity of Nations, (Polity Press, 2004).

編著[編集]

  • Ethnicity and Nationalism, (E. J. Brill, 1992).

共編著[編集]

  • .Nationalism, co-edited with John Hutchinson, (Oxford University Press, 1994).
  • Ethnicity, co-edited with John Hutchinson, (Oxford University Press, 1996).
  • Nationalism: Critical Concepts in Political Science, 5 vols., co-edited with John Hutchinson, (Routledge, 2000).