アンフューマ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンフューマ科
フタユビアンフューマ
フタユビアンフューマ Amphiuma means
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 有尾目 Urodela
上科 : イモリ上科 Salamandroidea
: アンフューマ科 Amphiumidae
Gray, 1825
: アンフューマ属 Amphiuma

アンフューマ科(アンフューマか、Amphiumidae)は、両生綱有尾目に属する科。現地では conger eel または congo snake と呼ばれている。congerとはアナゴのことである。

分布[編集]

アメリカ合衆国南東部

形態[編集]

最大種はフタユビアンフューマで最大全長116cm。体形は長い。体色は黒または灰色。

成体に外鰓はないが、左右に1つずつ鰓穴が残る。四肢は小型で、最大でも2cm程度。指趾は1-3本

目蓋と舌を欠く。[1]

人間の約25倍という生物中で最大のDNA量を持つ。[2]

分類[編集]

生態[編集]

河川湿地などに生息する。流木の下や他の動物が掘った穴などを隠れ家にする。水が干上がると泥の中で夏眠することができる。

食性は動物食で、昆虫類甲殻類魚類、両生類、爬虫類などを食べる。

夜行性。

繁殖形態は卵生。体内受精。水辺の穴や倒木の下などに卵を産み、母親は卵が孵化するまでの約5ヶ月間卵にとぐろを巻いて保護する。

幼生は外鰓を持つ。約4ヶ月で変態して成体となり、外鰓が消失し肺呼吸をはじめるが、完全に機能する内鰓も持つ。

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。流通量は少ない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 千石正一監修 長坂拓也編著 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、232頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生類・はちゅう類』、小学館2004年、21頁。
  • 山崎利貞 『爬虫・両生類ビジュアルガイド イモリ・サンショウウオの仲間 有尾類・無足類』、誠文堂新光社2005年、30-31頁。
  1. ^ Lanza, B., Vanni, S., & Nistri A. (1998). Cogger, H.G. & Zweifel, R.G.. ed. Encyclopedia of Reptiles and Amphibians. San Diego: Academic Press. pp. 72. ISBN 0-12-178560-2. 
  2. ^ "Junk DNA and the Onion Test" 1 June 2008.