アントワーヌ・ダバディー・ダラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Antoine Thomson d'Abbadie

アントワーヌ・ダバディー・ダラー(Antoine Thomson d'Abbadie d'Arrast、1810年1月3日 - 1897年3月19日)はフランスの地理学者である。19世紀の始めに弟のアルノーとともに行ったエチオピア探検で知られる。

アイルランドのダブリンでフランス人の父親のもとに生まれた。1818年に家族はフランスに移り、兄弟は科学の教育を受けた。1835年にフランス・アカデミーのブラジルの科学調査に参加しこの時の記録は1873年に出版されたObservations relatives a la physique du globe faites au Bresil et en Ethiopieの中に記述された。1837年に兄弟はエチオピアに出発し、1838年2月Massawaに上陸した。多くの困難や冒険に遭遇しながらEnnareaやKaffaなど当時あまり知られていなかった地域を訪れ、地理や地質学、考古学やエチオピアの自然史に関する多くの情報を集めた。1848年にフランスに戻り、エチオピアにかんする著作を行った。イギリスの探検家、チャールズ・ビークとの激しい論争があったが、ダバディーの情報は信頼できるものであることが認められるようになった。エチオピアの10枚の地図が付けられた著書Geodesie d'Ethiopieは1860年から1873年の間に出版され、1890年にはGeographie de l'Ethiopieが出版された。1859年に出版されたUn Catalogue raisonne de manuscrits ethiopiensはダバディーの集めた234のエチオピアの文献を集めたものである。1881年に出版されたDictionnaire de la langue amarinnaなどの現地語に関する著書や、Reconnaissances magnetiquesなどの地磁気に関する測定結果を著した著書もある。1868年に兄弟の旅行記Douze ans dans la Haute Ethiopieが出版された。

兄弟は1850年にパリ地理学会からグランドメダルを受賞し、アントワーヌはレジオンドヌール勲章を受勲しフランス科学アカデミーの会員に選ばれた。