アレクサンドル・コノヴァロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
アレクサンドル・コノヴァロフ
Александр Владимирович Коновалов
Vladimir Putin with Alexander Konovalov 10 January 2007.jpg
プーチン大統領(左、当時)と会談するアレクサンドル・コノヴァロフ(2007年撮影)
生年月日 1968年6月9日(46歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 レニングラード(現在のサンクトペテルブルク
出身校 サンクトペテルブルク大学法学部
前職 検事

内閣 第2次ウラジーミル・プーチン内閣
任期 2008年5月12日 -
テンプレートを表示

アレクサンドル・ウラジーミロヴィチ・コノヴァロフロシア語: Александр Владимирович Коновалов、ラテン文字転写の例:Aleksandr Vladimirovich Konovalov1968年6月9日 - )は、ロシア法律家、司法官僚、政治家レニングラード(現在のサンクトペテルブルク)出身。司法大臣

1986年から2年間、兵役に就く。1992年サンクトペテルブルク大学法学部を卒業し、ペテルブルク検事局に勤務する。2005年2月バシコルトスタン共和国検事総長を経て、2005年11月14日沿ヴォルガ連邦管区大統領全権代表。

2008年5月法相に任命された[1]

脚注[編集]

  1. ^ Владимир Путин объявил состав нового кабинета министров (ロシア語)
先代:
ミハイル・ゼレプーキン
バシコルトスタン検事総長
2005
次代:
セルゲイ・フルチン
先代:
セルゲイ・キリエンコ
沿ヴォルガ連邦管区
大統領全権代表
2005 - 2008
次代:
グリゴリー・ラポータ
先代:
ウラジーミル・ウスチノフ
ロシアの旗 司法大臣
2008 -
次代:
現職